「はちみつの使用実態」についての調査(女性対象) 

2017年02月14日
山田養蜂場は、1,000人の女性を対象に、「はちみつの使用実態」について、アンケート調査を実施しました。

【調査結果サマリー】

1 全回答者のおよそ8割が「はちみつが好き」と回答
回答者の77.6%が「はちみつが好き」と回答しました。なかでも20~30代の8割以上が「好き」と回答し、意外なことに、若年層の方がはちみつを好む傾向にあることがわかりました。

2 はちみつを月に1回以上使用している人は約7割
はちみつを月に1回以上使用する人は約7割で、週に1回以上使用する人は、4割強に及びました。
このことから、はちみつは日常的に使用する甘味料として定着しつつあるのではないかと考えられます。

3 普段使用しているはちみつの種類が「わからない」と答えた人が3割以上
普段使用しているはちみつの1位は「れんげ蜂蜜」、続いて「あかしあ蜂蜜」で、今話題の「マヌカ蜂蜜」は3位でした。また、普段使用しているはちみつが「わからない」と答えた方が3割を超え、はちみつを使用する人の中には、種類を気にしていない人が多くいることがうかがえました。

【調査結果】

1 全回答者のおよそ8割が「はちみつが好き」と回答

“あなたは、はちみつが好きですか”という設問に対し、「とても好き」の回答が33.2%、「どちらかというと好き」の回答が44.4%という結果になりました。8割近い回答者の方が「はちみつが好き」ということになり、多くの女性にはちみつが好まれていることがうかがえました。
世代別でみると、30代が1番多く85.5%、次いで20代で82.0%という結果でした。昔から使用されている甘味料ですが、意外と若い年代の方が、はちみつを好む傾向にあるようです。

2 はちみつを月に1回以上使用している人は約7割

はちみつを使用した事があると答えた方に、“はちみつを使用する頻度”を聞いたところ、「月に1~3回」使用すると答えた方が27.5%、次いで「週に1~3回」が24.8%、「週に4~6回」が9.0%、「毎日」が8.6%となりました。月に1回以上、はちみつを使用する方が設問回答者の約7割、週1回以上、はちみつを使用する人は4割を超えており、はちみつが普段使いの甘味料として定着しつつあるのではないかと考えられます。

3 普段使用しているはちみつの種類が「わからない」と答えた人が3割以上

、はちみつが「とても好き」、「どちらかというと好き」と回答した方に”普段使用しているはちみつ”について聞くと、1位が「れんげ蜂蜜」で45.8%、2位が「あかしあ蜂蜜」で28.6%という結果でした。最近話題の「マヌカ蜂蜜」と答えた方は、9.4%でした。ブームになっていますが、使用している方はまだあまり多くないようです。
一方、使っているはちみつの種類が「わからない」が、3割を超えました。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査会社:ジャストシステム社
調査対象:女性(20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、及び60歳以上の各世代)
調査地域:東日本500名、西日本500名、合計1,000名
有効回答数:各世代200名、合計1,000名
調査期間:2016年11月15日~11月24日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP