ファッション業界 職種別平均年収2016年版 

2017年02月09日
インテリジェンスが運営するファッシン業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」は、「ファッション業界 職種別平均年収2016年版」をお知らせいたします。本調査は、クリーデンスの転職サービスに、2016年1月から12月までに登録した25〜39歳に該当する転職希望者の給与データを集計したものです。

【調査結果概要】

~求人ニーズの高まりから、「店舗管理」と「OEM営業」が高年収に~

年代別の平均年収を見ると、25〜29歳では、1位は「店舗管理」(394万円)、2位は「OEM営業」(384万円)、3位は「MD・バイヤー」(370万円)となりました。30〜34歳では、1位は「店舗管理」(458万円)、2位は「プレス・販促」(430万)、3位は「VMD」(427万円)となりました。35〜39歳では、1位は「OEM営業」(571万円)、2位は「MD・バイヤー」(520万円)、3位は「プレス・販促」(511万円)となりました。

今回、「店舗管理」が20代後半と30代前半で1位となりました。働く環境の改善が求められる中、アパレル業界でも就労環境の見直しが進んでいます。その結果、店舗管理職の求人ニーズが更に増えており、高年収につながっていると考えられます。また、2020年東京オリンピックに向け、大型商業施設の開業が続くことから、店舗系管理職は今後も需要が高まっていくと想定されます。

30代後半で1位となった「OEM営業」は、多くのアパレル企業が生産業務の外部委託を積極的に進めていることから、求人は年々増加傾向にあります。「OEM営業」には、仕様書や洋服の構造などに関する知識、海外工場との調整のための海外生産経験や語学力といった幅広い能力が必要であるため、即戦力となる人材が求められています。そのため、アパレル業界で経験を積んだ30代後半での求人ニーズが高まり、年収の底上げにつながったと見られます


<調査概要>
調査期間:2016年1月〜2016年12月
対象:クリーデンス転職支援サービス登録者
調査方法:登録者の年収データより算出

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP