ミドルの求人動向調査(ミドルの転職を利用する転職コンサルタント対象) 

2017年01月31日
エン・ジャパンが運営するミドル層専用の転職求人サイト『ミドルの転職』上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「ミドルの求人動向」についてアンケートを行ない、134名から回答を得ました。

【調査結果概要】

★ 「2017年は35歳以上のミドルを対象とした求人募集が増える」と回答した  転職コンサルタントは78%と、昨年より5ポイント増加。
★ 増えると予想されるミドルを対象とした求人トレンドは「首都圏から地方へ」、「中小企業」、「メーカー」、「営業・経営企画」。

【調査結果詳細】

1:「2017年は35歳以上のミドルを対象とした求人募集が増える」と回答した転職コンサルタントは78%と、昨年より5ポイント増加。

ミドルを対象とした求人募集の変化について伺ったところ、転職コンサルタントの78%が「増加する」と回答しました。2016年の同調査に比べ、5ポイント増加しました。

「2017年はミドルを対象とした求人が増えると思う」と回答した転職コンサルタントの声
○労働人口が不足していることを考えると、35歳以上の採用需要が伸びると思うため。
○新卒採用の難易度が上がり、若手人材の確保が困難なため、採用ターゲットの年齢層を35歳以上に引き上げている企業が増えてきたため。
○組織構造上、20代の社員は多くいるものの、マネジメント候補が不足しており、中堅層の社員の充実を図りたいという企業の採用需要が多いため。
○リーマンショック後など就職氷河期の時代に新卒採用を止めた企業において、30代~40代社員の空洞化しているという問題があるため。

2:増えると予想されるミドルを対象とした求人トレンドは「首都圏から地方へ」、「中小企業」、「メーカー」、「営業・経営企画」。

ミドルを対象とした求人のトレンドについて伺うと、51%の転職コンサルタントが「首都圏の企業から地方企業への転職」が増えそうだと回答。地方創生や、保育園不足による都心での子育ての難しさを背景にUターン希望者が増加するのではという声がありました。企業タイプでは「中堅・中小企業」(83%)、業種では「メーカー」(54%)、職種では同率で「経営・経営企画・事業企画系」(44%)、 「営業・マーケティング職」(44%)がそれぞれ最多となっています。この他、役職や年収のトレンドや、採用企業がミドルに求めるスキルについても伺っています。


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『ミドルの転職』を利用する転職コンサルタント
有効回答数:134名
調査期間:2016年12月21日 ~ 2017年1月5日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP