ごはんに関するアンケート調査(20~59歳男女対象) 

2017年01月02日
サッポロビールは、「ごはんに関するアンケート調査」を実施しました。
調査では、3人に1人以上(35.6%)がごはんを我慢しているという結果や、最も我慢するのは年末年始だという実態が明らかになりました。

【調査結果詳細】

<現在、3人に1人以上(35.6%)がごはんを我慢している>

 なんと現在、自主的にごはんを我慢している人は35.6%と、3人に1人以上が何らかの理由でごはんを我慢していることが明らかになりました。また、男女別で見ると、男性は30.4%、女性は40.8%と、やはり女性の方がごはんを我慢している傾向が強いという結果となりました。
 年代別でも、男性は40代・50代が最も我慢しており(ともに31.7%)、女性は20代が最も我慢している(46.8%)という、性別・年齢による意識の違いが見られました。一体皆さん、どのような理由でごはんを我慢しているのでしょうか。

<ごはんを我慢する理由1位はダントツで「ダイエット」(72.5%)>

 「健康のため」(46.1%)や「お金がないため」(11.8%)などの理由も挙がりましたが、やはりダントツで多い理由は「ダイエット」でした。(72.5%)昨今様々なダイエット方法が紹介されていますが、結局ごはんを我慢することでダイエットをしようとする人は後を絶たないようです。

<しかし半数以上の人がダイエットの効果を実感できず(55.8%)>

 しかし、ダイエット目的でごはんを我慢した人の内、その効果が実感できた人は44.2%と、半数以上の方がごはんを我慢することによる、ダイエットの効果を実感できていないことが明らかになりました。また、こちらも男女別で見ると、男性で効果を実感できなかった人は36.4%、女性で効果を実感できなかった人は65.9%と、大きな開きがあることが判明しました。

<ごはんを最も我慢しようと思うのは年末年始(12月・1月のみで44.4%)>

 なんと、ごはんを我慢しようと思うのはダントツで12月が1位、1月が2位と、年末年始に集中する結果となりました。忘年会や新年会などが立て続けに行われるため、通常のごはんを我慢しようと思ってしまうのでしょうか。また、続く3位は7月という結果でした。夏は水着などで露出も増えるため、やはりダイエット目的にごはんを我慢する人が多いのでしょうか。

<4割以上(42.7%)の人が3日未満でごはんの我慢を断念!?>

 ごはんを我慢する日数を聞いてみたところ、約4割以上(42.7%)の人が3日未満という回答でした。
これは、3日未満と回答された方の中に、最初はごはんの我慢を継続しようと心掛けるが、我慢の限界がきて3日未満で断念されている方が多く含まれていることによるものと考えられます。
また、1週間未満になると、約6割(59.0%)という結果でした。ちなみに、ごはんを我慢することをやめた理由を聞いてみたところ、「食事は大きな楽しみなので、我慢は良くないのではと思ったから」(26歳・女性)「身体に良くないと感じたから」(31歳・男性)「変にがまんするとストレスがたまるから」(53歳・女性)「お腹が空いて仕事に集中できなかったので。少し食べたら我慢できなくなってしまった」(28歳・男性)など、皆さん、ごはんを我慢することによる弊害を少なからず感じたことが我慢をやめた原因のようでした。
 しかし一方で、30日以上我慢できる人が28.1%もいるという驚きの結果も明らかになりました。

<ごはんを我慢する風潮に関しては約半数の人が反対派(48.9%)>

 ごはんを我慢しているか方のみの回答にも関わらず、48.9%もの人が、ごはんを我慢する風潮をよく思っていないことが判明しました。「栄養バランスが悪くなるから」(33歳・女性)「食事を我慢するとストレスになる」(23歳・女性)と、みなさんバランスよくごはんを食べないと健康を損なってしまうことは理解されているようでした。


【調査概要】
調査期間:2016年12月16日(金)~12月20日(火)
対象人数:500人
対象年齢:20~59歳男女
調査会社:株式会社ネオマーケティング

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP