国内IT市場 地域別予測 

2017年01月10日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内IT市場の2016年~2020年の地域別予測を発表しました。

2016年の国内IT市場は、ハードウェア市場が各地でブレーキとなり、東京都(前年比成長率2.1%)以外でプラス成長は見込めません。特に、北海道/東北地方、北陸/甲信越地方、中国/四国地方、九州地方などの大都市圏以外の地域では前年比3%減以上のマイナス成長を予測しており、大都市圏(東京都、関東地方、近畿地方、東海地方)以外の地域の成長率を上げるためには行政主導による地方創生のための抜本的な変革が必要です。

【調査結果サマリー】

・2016年の国内IT市場は、ハードウェア市場が各地域でブレーキとなり、東京都のみプラス成長、大都市圏以外では前年比3%減以上のマイナス成長に

・2017年も前年に続き、大都市圏と大都市圏以外の地域との格差が広がる

・ITベンダーは、大都市圏における大企業や、大都市圏以外の中小企業、行政機関などに見られるニーズや課題の違いを的確に捉える必要がある


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP