カーナビの利用に関するアンケート調査(第8回) 

2017年01月26日
マイボイスコムは、8回目となる『カーナビの利用』に関するインターネット調査を2016年12月1日~5日に実施し、10,192件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■カーナビ所有者が、スマートフォンと連携利用していることは、「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生」「ハンズフリー通話」が各1割

■自動車所有者のうち、スマートフォン等のカーナビアプリ利用者は4割弱。毎回・時々利用者は2割強


【調査結果】

◆所有カーナビのタイプ、主に利用しているメーカー・ブランド
カーナビ機器の所有率は、全体の6割弱、自動車所有者(全体の7割強)の約75%です。主利用カーナビのタイプは「一体型/2DIN」が42.3%、「インダッシュ」が3.7%、「ポータブル、オンダッシュ」が5.6%となっています。

カーナビ所有者が、主に利用しているカーナビ機器のメーカー・ブランドは、「サイバーナビ、楽ナビなど(カロッツェリア)〔パイオニア〕」が5.9%、「ゴリラ〔パナソニック〕」「ストラーダ〔パナソニック〕」「イクリプス AVNシリーズなど〔富士通テン〕」が3~4%となっています。「自動車メーカー等の純正カーナビ」は54.9%です。

◆カーナビでよく利用する機能・サービス
ルート案内以外にカーナビでよく利用する機能・サービスは、「施設・観光地などの検索機能」「音楽の録音・再生、編集、動画のダウンロード」「テレビ鑑賞」「VICS」「後方確認カメラ」が2~3割です。過去調査と比べて、「施設・観光地などの検索機能」「VICS」が減少傾向です。『一体型/2DIN』タイプ主利用者では「音楽の録音・再生、編集、動画のダウンロード」、『ポータブル、オンダッシュ』タイプ主利用者では「ルート案内以外はほとんど使用していない」の比率が高くなっています。

◆カーナビでスマートフォンと連携して行っていること、CarPlay・AndroidAutoの利用状況
カーナビとスマートフォンを連携して利用している人はカーナビ所有者の2割、「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生する」「スマートフォンのハンズフリー通話」が各1割です。『アルパイン』『クラリオン』主利用者では、「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生する」が各4割で他の層より高くなっています。

スマートフォンと接続して、カーナビの画面でスマートフォンの機能を利用する『CarPlay』や『AndroidAuto』。カーナビ所有者の利用率は、「ほぼ毎回」「時々」を合わせて4.6%となっています。

◆カーナビの利用意向、購入時の重視点
自動車所有者のカーナビ利用意向は64.0%、カーナビ所有者では70%台、カーナビ非所有者では3割弱です。

カーナビ利用意向者に、カーナビ購入時の重視点を聞いたところ、「操作が簡単」「価格が手頃」が6割前後、「画面がきれい、みやすい」「大きさ」「メーカー、ブランド」が3~4割となっています。「操作が簡単」は女性が男性を約13ポイント上回り、女性30代以上で比率が高くなっています。『ポータブル、オンダッシュ』タイプ主利用者では、「価格が手頃」「大きさ」「取付けの手間が不要」が他の層より比率が高くなっています。

◆カーナビアプリ利用状況
自動車所有者のうち、スマートフォンやタブレットのカーナビアプリ利用者(「ほぼ毎回利用する」「時々利用する」「あまり利用しない」の合計)は4割弱です。『インダッシュ』タイプ主利用者では5割強、カーナビ非所有者では3割強となっています。カーナビアプリを毎回・時々利用する人の合計は2割強です。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2016年12月01日~12月05日
回答者数:10,192名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP