健康食品市場に関する調査(2017年) 

2017年01月23日
矢野経済研究所は、国内の健康食品市場の調査を実施した。

<健康食品とは>
本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつその形状が、錠剤、カプセル、粉末、ミニドリンクタイプ等の商品を対象とする。

【調査結果サマリー】

◆ 2016年度の健康食品市場規模は前年度比100.9%の7,500億円の見込
2016年度の健康食品市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比100.9%の7,500億円を見込む。2015年度に市場の押し上げ効果があったインバウンド(訪日外国人客)需要が2016年度は沈静化したが、2015年4月から開始された機能性表示食品制度において、届出が受理された健康食品が拡大し、市場の底上げに寄与した。機能性表示食品の数が増加しており、2017年度も引き続き市場の押し上げ効果が期待される。

◆ 機能性表示食品の市場規模は2015年度446億円、2016年度は1,483億円の見込
機能性表示食品の市場規模はメーカー出荷金額ベースで、制度発足初年度である2015年度が446億円、二年度目の2016年度が1,483億円に達するものと見込む。届出が受理された商品の販売が初年度の後半から二年度目以降に本格化し、市場が拡大している。2016年度における食品種別構成比は、サプリメントが49.2%、その他加工食品42.6%、生鮮食品8.2%の見込みである。

◆ 30代以上の消費者の7割が機能性表示食品を認知
本調査に関連し、30代以上を対象とした消費者アンケート調査では、機能性表示食品の認知・摂取状況として、約7割の消費者が機能性表示食品を知っており、かつ2割強が摂取した経験を持つという結果であった。また、同食品の機能として関心があるものとして、全体では『内臓脂肪対策』、『中性脂肪対策』の割合がいずれも2割を超えた。


【調査概要】
調査期間:2016年8月~12月
調査対象:健康食品受託製造企業、健康食品販売会社(健康食品メーカー・一般食品メーカー・製薬メーカー等)、健康食品関連団体、管轄官庁等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、郵送・メールによるアンケート調査、文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP