給与調査2017年 

2017年01月20日
Michael Page International PLCの日本支社 マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパンは、毎年実施している給与調査の2017年版を発表いたします。

<2017年 雇用は上向くが人材不足は依然として課題>

- 日本の急速な高齢化に対応するための革新的ソリューションに対しては継続的な需要があるので、医療、ライフサイエンス業界の雇用が伸びると考えられます。

- 人材不足は、今後とも多くの産業で課題となるでしょう。英語、日本語ともに堪能なバイリンガル人材が限られているため、外資系企業が最も人材不足に悩まされています。

- 非正規社員は現在、全国の働く人口の約40%を占めていますが、大部分の企業にとって引き続き主要な人材供給源となるでしょう。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP