若者調査(『R&D若者ハンドブック2017』より) 

2017年01月12日
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、各種公開データに加え、生活者総合ライフスタイル調査「CORE」や「U26平成男子コミュニティ」など、R&Dが持つ独自の若者データを盛り込んだ、『R&D若者ハンドブック2017』を発行いたしました。
今回はその中から、20年に渡る継続的な調査によって見えてきた若者の欲求構造の変化と、その傾向についてご紹介いたします。

“スマートフォンの普及とともに「つながり欲求」は低下 自由欲求は上昇”

・R&D創業者である牛窪一省は、生活者の基本欲求を大きく4つの基本欲求(革新・変化/つながり/自由/平穏・安定)と12の欲求因子に整理した。(詳細は下記をご参照ください) これがR&Dの考える「欲求クラスタ構造」である。
・18~29歳の基本欲求のこの20年間での動きを見ると、「つながり欲求」は東日本大震災の翌年に最高値となり、スマートフォンの普及とともに近年低下傾向。2015年は20年間で最低となった。
・一方、「自由欲求」「平穏・安定欲求」は、上昇傾向がみられ、2015年にはともに最高値となった。

“年々強まる「自分ひとり」「自由気まま」傾向”

・「つながり欲求」を因子別でみると、「人との付合いを大事にしたい」欲求は20年間で最低。「人との付合い」は、00年に「家族や仲間と楽しくすごしたい」が逆転。「みんなの中でうまくやっていきたい」は大きな変動なし。
・「自由欲求」では、「まわりを気にせず気ままに過ごしたい」「自分ひとりの時間や場をつくりたい」欲求は20年間で最高。「自分らしさを大切にしていきたい」は20年間で大きく低下。

“若者の「プライベート重視」”

・世代別での比較をみると、29才以下は他年代よりも「自由欲求」が強い。特に自分ひとりの時間や場をつくりたいという「プライベート」の欲求が他の世代に比べて高め。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP