「エンジニアの実態」に関するアンケート調査(製造業で働く電気・機械系エンジニア、ソフトウェア系エンジニア、一般企業で働く事務系会社員対象) 

2017年01月10日
「fabcross for エンジニア」では、製造業で働く電気・機械系のエンジニア320人とソフトウェア系のエンジニア320人、そして一般企業で働く事務系会社員320人を対象に、「エンジニアの実態」に関するアンケート調査を行いました。

【調査TOPICS】

・「給与よりもやりがいを大事に」する電気・機械系エンジニア

・ソフト系エンジニアの2人に1人が「Wordよりテキストエディタを使いたい」

・転職しないソフト系エンジニア。直近1年での転職活動経験者は事務系社員の半分ほどに


【調査背景】

皆さんはエンジニアに対して、どのようなイメージを持っていますか。使っている携帯電話にはこだわりがある、マジメにコツコツと仕事を進める、コミュニケーションは得意ではない――といったイメージを持っている人も中にはいるかもしれません。
そうしたエンジニアによくある性格や考え方などを探るため、電気・機械系エンジニア、ソフトウェア系エンジニア、事務系の会社員の3グループに同じ質問を投げ掛け、その違いを調べてみました。

【調査結果サマリー】

◇「給与よりもやりがいを大事に」する電気・機械系エンジニア
・「自分の仕事に誇りを持っている」に“当てはまる”(「非常に当てはまる」「やや当てはまる」の合計)と答えた比率は、電気・機械系エンジニアで48.2%、ソフトウェア系エンジニアで42.5%、事務系会社員で37.8%だった。

・「給与・待遇よりも仕事のやりがいを大事にしたい」という考え方について、“当てはまる”が優勢だったのは、電気・機械系エンジニアだけで29.7%だった。ソフトウェア系エンジニアでは8.1ポイント、事務系会社員では20.3ポイント、“当てはまらない”(「あまり当てはまらない」「まったく当てはまらない」の合計)という回答が“当てはまる”を上回った。

・「上司からの指示でも納得できない仕事はやりたくない」という考えを強く持つのはソフトウェア系エンジニアで、52.2%が“当てはまる”と答えた。

◇ソフト系エンジニアの2人に1人が「Wordよりテキストエディタを使いたい」
・「PCのデスクトップにショートカットが無秩序に並んでいるとイラッとする」か、という問いに“当てはまる”(「非常に当てはまる」「やや当てはまる」の合計)と答えたのは、ソフトウェア系エンジニアが最も多く50.4%。次いで事務系会社員では47.8%、電気・機械系エンジニアでは42.5%が「イラッとする」と回答した。

・大きく差が開いたのは、「Wordよりもテキストエディタを使いたい」という設問。ソフトウェア系エンジニアは48.7%が“当てはまる”を選んだが、事務系会社員は逆に36.9%が“当てはまらない”(「あまり当てはまらない」「まったく当てはまらない」の合計)と回答した。

・「キーボードにはこだわりがある」という回答者が最も多かったのもソフトウェア系エンジニアで29.4%だった。「キーボードにはこだわりがある」割合は、電気・機械系エンジニアでは22.8%、事務系会社員では17.5%にとどまった。

◇転職しないソフト系エンジニア。直近1年での転職活動経験者は事務系社員の半分に
・「ここ1年以内に転職サイトで求人情報を探したことがある」割合は、電気・機械系エンジニアが21.3%(「非常に当てはまる」「やや当てはまる」の合計)、ソフトウェア系エンジニアが18.5%、事務系会社員が22.8%だった。

・「ここ1年以内に他社の求人に応募するなどの具体的な転職活動をしたことがある」のは、電気・機械系エンジニアが11.0%、ソフトウェア系エンジニアが7.9%、事務系会社員が15.3%。エンジニアは総じてあまり転職活動しない傾向にあり、特にソフトウェア系エンジニアは転職に消極的なことが分かった。


「fabcross for エンジニア」調べ

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ
期間:2016年11月17日~28日
対象:
・全国のメーカーで働く研究・設計・開発系(電気・機械)の業務に就くエンジニア320人
・全国のメーカーで働く研究・設計・開発系(ソフトウェア)、SE・プログラマ、その他制御・IT(ソフトウェア)系職種の業務に就くエンジニア320人
・全国の企業で働く会社員(事務系)320人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP