ドクターズコスメ市場に関する調査(2016年) 

2017年01月05日
矢野経済研究所は、国内ドクターズコスメ市場の調査を実施した。

<ドクターズコスメとは>
本調査におけるドクターズコスメとは、医師が開発・研究に参加している化粧品、もしくは、皮膚科・整形外科・美容外科などの医療施設で販売または紹介している化粧品をさす。

【調査結果サマリー】

◆ 2015年度国内ドクターズコスメ市場規模は前年度比104.9%の899億円

2015年度の国内ドクターズコスメ市場規模は、前年度比104.9%の899億円(ブランドメーカー出荷金額ベース)と拡大した。2013年度に主要ブランドの低迷などにより一時成長率が鈍化したが、2014年度以降、拡大基調にある。概して通信販売が好調であるほか、機能性を付加した製品の投入、ドラッグストアや百貨店などで取扱のあるブランドに関しては、一部インバウンド(訪日外国人客)需要の取り込みによる寄与もあったものと考える。

◆ エイジングケアや美白といった機能強化製品が今後の成長要因に
2016年度の国内ドクターズコスメ市場規模は、前年度比102.0%の917億円(ブランドメーカー出荷金額ベース)を見込む。スキンケア製品を中心としたドクターズコスメは、肌トラブルのある人や、敏感肌や乾燥肌などに悩む人にとって必要な製品である一方、エイジングケアや美白といった機能強化が進んでいることなどから堅調な動きがつづくものとみる。また、ドクターズコスメの特性に再び関心が高まっていることに加え、一部ではインバウンド需要を取り込める状況にある。


【調査概要】
調査期間:2016年10月~11月
調査対象:化粧品ブランドメーカー、化粧品原材料メーカー・商社、流通業者等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP