2017年新成人に関する調査(新成人対象) 

2017年01月04日
マクロミルは、今年成人式を迎える全国の新成人を対象に「2017年 新成人に関する調査」を実施しました。この調査は2008年から開始し、今回で10年目!
調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は2016年12月13日(火)~14日(水)、有効回答数は500名。

【調査Topics】

・「日本の未来は明るい」33%、2014年をピークに減少

・東日本大震災後、顕著に低下し続ける政治経済への関心、6年連続で減少トレンド

・スマホ所有率、「iPhone」が「Android」を大きく引き離し、その差は22%に

・SNS利用率、1位「LINE」93%、2位「Twitter」78%で、いずれもこの5年で最高

・「Instagram」が「Facebook」を追い抜き36%で3位に上昇

・ニュースや話題を得る手段、「テレビ」が90%で最も多く、信頼度もトップ。「個人投稿のSNS」は手段としては2位につけるも、利用者の信頼度はワースト2

・2017年新成人の何でもYES or NO!

・活躍を期待する新成人ランキング 1位は体操「白井健三」、2位はスキージャンプ「高梨沙羅」。トップ2はいずれもオリンピック選手がランクインし、3位を大きく引き離す


【調査結果】

【1】「日本の未来は明るい」33%、2014年をピークに減少

日本の未来についてたずねると、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」は33%、「暗いと思う(やや暗いと思う+暗いと思う)」は67%でした。日本の未来を明るいと思う新成人は、2014年をピークに年々減少しています。

【2】東日本大震災後、顕著に低下し続ける政治経済への関心、6年連続で減少トレンド

「政治」「選挙」「経済」「外交」に対する、新成人の関心度合いをたずねました。「政治」「選挙」「経済」は、2011年3月に発生した東日本大震災後の調査となる2012年から、年々低下し続けていることがわかります。

【3】スマホ所有率、「iPhone」が「Android」を大きく引き離し、その差は22%に

所有するデジタル端末の所有率は、昨年まで減少が続いた「ノートパソコン」がわずかに持ち直し70%でした。またスマートフォンでは、昨年“Android”を上回った“iPhone”の所有率が59%となり、その差は22%と大きく引き離しました。“iPhone”の所有率は4年で2倍以上に増加しています。

【4】SNS利用率、1位「LINE」93%、2位「Twitter」78%で、いずれもこの5年で最高
  「Instagram」が「Facebook」を追い抜き36%で3位に上昇

SNSの利用率は、「LINE」が93%、Twitterが78%で、いずれもこの5年で最高となりました。また、昨年から選択肢に追加した「Instagram」は、今年「Facebook」を追い抜き36%となりました。

【5】ニュースや話題を得る手段、「テレビ」が90%で最も多く、信頼度もトップ
  「個人投稿のSNS」は手段としては2位につけるも、利用者の信頼度はワースト2

ニュースや話題を得る手段として最も多かったものは「テレビ」90%、次いで、「SNS(個人による投稿)」59%、「ニュースサイト・ニュースアプリ」54%でした。また、信頼している情報は、同じく「テレビ」が最も高く56%、そして「実際に会って聞いた話」28%、「ニュースサイト・ニュースアプリ」23%と続きます。

また「SNS(個人による投稿)」でニュースや話題を得る人は59%と2位につけるも、“利用者の信頼度”は、ワースト2でした。また、「ブログ(個人による投稿)」や「ダイレクトメールやちらし」は、信頼度が低いことを認識してか、ニュースや話題を得る手段としてはあまり活用されていないようです。

【6】2017年新成人の何でもYES or NO!

聴取した項目一覧

・何事も、堅実な方法が一番
・マナーや一般常識は大切にしたい
・異性の友達がたくさんいる
・人と競争することは苦手だ
・共働きが理想だ
・貯蓄は重要だ
・環境に配慮した消費をしている
・デート代は自分が多く出したい
・出世より、プライベートを優先したい
・家事は分担が理想だ
・奢られることは好きではない
・告白は自分からしたい
・LGBTに理解がある
・就職するなら大手の企業がいい
・家事や育児に専念したい

【7】活躍を期待する新成人ランキング 1位は体操「白井健三」、2位はスキージャンプ「高梨沙羅」
   トップ2はいずれもオリンピック選手がランクインし、3位を大きく引き離す

2017年1月に成人式を迎える同い年の新成人のうち、今後の活躍を期待・応援している人を選んでもらいました。1位は体操「白井健三」選手で、2位はスキージャンプ「高梨沙羅」選手で、トップ2はいずれもオリンピック選手がランクイン、3位と大きく票数を離しました。


【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国、2017 年成人式の参加対象となる平成 7~8 年生まれの男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:男性 250 サンプル、女性 250 サンプル/合計 500 サンプル
調査期間:2016 年 12 月 13 日(火)~14 日(水)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP