クリスマス後の緊急調査(20~30代の婚活サイトを訪問している女性対象) 

2016年12月29日
BLUEBIRDは、20~30代女性向け、婚活/恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』を訪問する女性ユーザーを対象に、ユーザーの恋愛観に関する意識調査をしました。

【調査結果】

先月に引き続きクリスマス関係の調査で、<彼氏からのクリスマスプレゼント、「これはいらない」のはどれですか?>という設問で、「クリスマスプレゼントに欲しくない」モノの本音を女性に聞いてみました。

いらないものの最多は「彼氏の体」(204人)で、全体の24.5%の方が選択しました。次に「お金」(173人・20.9%)が続きました。クリスマスは年に一度の特別な日、憧れの日という認識があり、体やお金、というロマンス感のないものには需要は無いことがわかります。

続いて、「コスメ」(166人)、「洋服」(84人)、「靴」(71人)と続きましたが、これらのアイテムは日常的に使うものであり、クリスマスのプレゼントには適さないものと言えるでしょう。

票が集まらなかったものは、「ディナー」(17人)で全体の2.0%でした。以下、「指輪」(20人)、「バッグ」(21人)の順でした。クリスマスのディナーは通常のディナーと比較して、値段やメニューなど特別なものですし、指輪もカップルにとっては特別なもの。クリスマスには特別なプレゼントがほしい、という意向が示唆されます。

※2016年12月2日より2016年12月27日までの26日間の調査、831人が回答

次に、<【未婚女性限定】彼との間で、一番大事にしたい日はどれ?>という設問で、彼(恋人)との間では、クリスマスイブは本当に大事なのか? ということを調査しました(彼がいない人には、付き合ったら大事にしたい日)。その結果、最多は「付き合い始めた記念日」で62人となりました。その次は「彼の誕生日」で57人でした。

興味深い結果として、「彼の誕生日」と「自分の誕生日」では、「彼の誕生日」を選択する人が圧倒的に多く(前者が57人、後者が22人)、「クリスマスイブ」と「大晦日」では、クリスマスイブ16人に対し、大晦日45人、と恋人との関係においては、クリスマスイブよりも大晦日のほうが特別と考える人が多いようです。

※2016年12月20日より2016年12月27日までの8日間の調査、210人が回答

では、大晦日そして来年に向けて、リアルな出会いの場で彼氏を見つけるにはどこに行けばよいのでしょうか?<今の彼氏とどこで出会いましたか?>という質問で、リアルな出会いの場について調査しました。「職場」が169人で、全体の26.4%、次いで、「旅行先」(160人)、「学校」(72人)、「婚活パーティ」(70人)、「結婚相談所」(63人)となりました。

「職場」や「学校」などの、日常を過ごすコミュニティ、「婚活パーティ」や「結婚相談所」などの、婚活事業者が運営するサービス、「旅行先」などの非日常的な機会、女性が交際相手を見つける機会は、この3つにはっきりと分かれる結果となりました。

一方で、「合コン」「街コン」「相席系居酒屋」などは、「彼氏を見つける」出会いの場にはそれほどなっていないことも分かりました。

※2016年12月9日より2016年12月27日までの19日間の調査、640人が回答

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP