「2015年の年末大掃除の実施」に関する調査(20歳~69歳の既婚女性対象) 

2016年12月22日
花王は、 20歳~69歳の既婚女性1,000名を対象に、「2015年の年末大掃除の実施」に関するインターネット調査を実施いたしました。
 その結果、 2015年の年末大掃除実施率は61%で、2005年の87%に比べ26%低下していました。一方、大掃除をした人の平均掃除日数は05年3.4日→15年4.1日と増加していることがわかりました。一日でしっかり「大掃除」から、何日かに小分けする「小(こ)掃除」化が進んでいます。
 クリスマス準備のための掃除“クリスマスクリーニング”をする人は、約4割。クリスマス終了後、 12/26-29に年末大掃除をする方が実施者の過半数に上り、大掃除のピークとなっています。

【主な調査結果・ポイント】

【1】 年末大掃除の実施率は、2005年 87% → 2015年 61%。-26%低下。

【2】 一日でまとめてしっかり「大掃除」から、何日かに小分けする「小掃除」化の傾向。
大掃除実施平均日数:05年3.4日→15年4.1日(大掃除実施者ベース)

【3】 クリスマス準備にむけての掃除“クリスマスクリーニング”実施率 41%。
大掃除実施者の50%が、12/26-29に大掃除をしている。クリスマス後が年末大掃除のピーク。

【4】 年末大掃除は必要だが、負担感が強く、なるべく「簡単・ラク」にやりたい意識が高い。

【調査結果】

【1】 年末大掃除の実施率は、 2005年 87% → 2015年 61%。-26%低下。
■2015年の大掃除実施率は、61%。2005年実施率と比較すると-26%の低下。
■どの年代も大そうじ実施率は低下傾向。

【2】 一日でまとめてしっかり「大掃除」から、 何日かに小分けする 「小掃除」化の傾向。
■大掃除実施状況を2005年と2015年で比較すると、1日でまとめて集中的に実施した割合は2005年26%→2015年15%と減少。
■平均実施日数は、2005年3.4日→2014年4.1日に増加。何日かに小分けして実施している。

【3】 クリスマス準備の掃除“クリスマスクリーニング”実施率 41%。クリスマス後、12/26-29に大掃除を実施する人は、50%。クリスマス後が年末大掃除のピーク。
■クリスマスの飾り付けやパーティ前の特別なお掃除
“クリスマスクリーニング(クリスマスそうじ)”実率は41%
■年末大掃除実施時期としては、約半数の方が12/26-29に実施している。

【4】 年末大掃除では、普段やらない場所を、ラクにやりたい 意識が高い。
■86%の人が「年末大掃除は普段やらない場所まで掃除したい」と思っている。 大掃除はしたいが、約9割が「ラクにやりたい」と考えている。


【調査概要】
調査実施日: 2015年1月
調査対象者: 20歳~69歳の既婚女性1,000名(20代:79名、30代:202名、40代:233名、50代:237名、60代:249名)
対象者居住地域: 全国
調査手法: インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP