「家事代行」に関する意識調査(20歳~59歳の男女対象) 

2016年12月21日
インテリジェンスの法人向け福利厚生型家事シェアサービス「ショコラ(share of co life)」では、2016年12月より「はたらく」×「福利厚生」×「家事代行」に関する意識調査を開始します。第一回目は「家事代行」に関する意識調査を実施。
家事代行ニーズが、富裕層や年末大掃除などの特別利用から、食器洗いや洗濯たたみなど日常の家事サポートへと変化し、子育て家庭だけでなく単身者や男性などが利用する実態が明らかとなりました。

【調査結果】

■家事代行に来てほしい芸能人1位は、新垣結衣さん!ドラマでも日常の家事をサポート

家事代行が登場する大人気テレビドラマの影響か、家事代行に来てほしい芸能人1位は2位以下を大きく引き離して新垣結衣さんでした。これまで特別なサービスと思われていた「家事代行」ですが、ドラマ内で男性会社員が日常的に利用する様子から、サービス内容、費用感についての理解が促進されたようです。「お金持ちの利用するサービスだと思っていたが、身近に感じた」「家事代行という仕事に興味がわいた」という声も。 …詳細①

■お願いしたいのは「掃除」に続き、「料理」「食器洗い」「洗濯たたみ」など日常の家事
   家事代行ニーズは大掃除など特別利用から、日常的な家事サポートに変化


家事で面倒な項目については二人に一人が「掃除」を選択。続いて「料理」(36%)「食器洗い」(34%)「洗濯たたみ」(32%)など、日常の家事を多くの人が負担に感じています。また、利用経験者の利用きっかけ1位はこれら「家事のストレス」(21%)で、「プロに頼むほどでもないが、信頼できる誰かに手伝ってほしい」というニーズが高いことがわかりました。家事代行が「富裕層向けサービス」「大掃除など特別な時に利用するもの」から、「日常的な家事のサポートを定期的に行うもの」「単身家庭や子育て家庭が気軽に利用するもの」に変化している表れといえます。 …詳細②③

■男性や単身者の利用が2~4割。空いた時間を自己投資に充て、ライフスタイルを豊かに

子育て家庭の利用はもちろんのこと、単身家庭の利用が23%、男性の利用が39%(※)と、一般的にイメージされていない利用者層の拡大が進んでいます。家事代行を月一回以上利用した経験がある人は、空いた時間の活用方法として「ジムや習い事をする」(61%、ない人は15%)が最も多く、自己投資に充てる傾向があります。日々の「家事のストレス」が利用のきっかけであっても、家事代行の利用によって結果的に自分の時間を持つことができ、自己投資に充てることでライフスタイルを豊かにするきっかけとなっていることがわかります。 …詳細④

※2016年「ショコラ」利用者調査より

【調査の詳細】

①家事代行スタッフとして来てほしい芸能人は、新垣結衣さん※単一回答
大人気テレビドラマの影響か、家事代行として「来てほしい」1位は新垣結衣さんでした。ドラマでは住み込みで週5日、7時間/日の勤務でしたが、現実的には月1~2回2~3時間の利用頻度が高いです(※)。すべての家事を任せる住み込みの家政婦ではなく、日常生活の家事サポートとしての利用が一般的です。家事代行スタッフとして来てほしい芸能人は、新垣結衣さん※単一回答

②日常生活で面倒に感じることは「掃除」※複数回答
面倒と感じていることの最多回答は、「掃除」(50%)でした。続いて、「料理」(36%)、「食器洗い」(34%)、「洗濯畳み」(32%)と、日常的で頻度が高いものほど、面倒さを感じる傾向となっています。多くの人は日常的な家事を面倒だと感じていることがわかりました。日常生活で面倒に感じることは「掃除」※複数回答

③家事代行を利用するようになったきっかけは「家事のストレス」※単一回答
「家事のストレス」(21%)が「大掃除」(15%)を抜き1位となりました。3位以降は「家族の体調不良」(9%)や「出産」(9%)「仕事の変化」(9%)「家族の介護」(7%)「育休・産休からの復帰」(5%)となり、日常生活の変化がきっかけとなることも判明しました。日常生活を円滑に進めるために家事をサポートしてほしいという気軽な利用が増加しています。家事代行を利用するようになったきっかけは「家事のストレス」※単一回答

④家事代行を利用する人は「ジム・習い事をする」自己投資に時間を費やす傾向※複数回答
月一回以上家事代行を利用する人の61%が「ジムや習い事をする」のに対し、家事代行を利用したことのない人で「ジムや習い事をする」と回答したのは15%でした。また、家事代行サービスを利用する人は「出前・デリバリーをとる」「宅配クリーニングを利用する」など、他のアウトソーシングサービスも上手に活用する傾向にあります。利用のきっかけが日常の「家事のストレス」や生活上の変化でも、利用することで結果的に自己投資に充てる時間が生まれているとも言えるでしょう。

<参考資料~利用のきっかけにおける男女の意識差について~>

-補足 「料理」「アイロンがけ」は女性が担当することが多い?!
【日常生活で面倒に感じることは】 「料理」(差:17%)と「アイロンがけ」(差:14%)は、女性が負担に感じている割合が多いことがわかります。一方、「めんどうに感じていることは特にない」のみ男性が高いという結果に。日常の家事を女性が担うことが多いことから、家事に対する意識に男女で差が現れる結果となりました。 【日常生活で面倒に感じることは】

-補足 女性は「大掃除」、男性は「家族の体調不良」
【家事代行を利用するようになったきっかけ】 男女の意識差で大きいのは、女性は「大掃除」(差:8%)、男性は「家族の体調不良」(差:8%)という結果に。家族で行う「大掃除」ですが、女性が指揮命令を担っていることがうかがえます。男性は、家族の体調不良など、日常生活の変化に対し、家事をサポートしてほしいというニーズがあるようです。


【調査概要】
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:東京、神奈川、千葉、埼玉
・調査期間:2016年11月17日~11月24日
・調査委託先:株式会社マクロミル
・対象者 :20歳~59歳の男女618名(未既婚、子どもの有無問わず)
 家事代行経験有り(就業者:男性237名・女性103名、未就業者:女性51名)
 家事代行経験無し(就業者:男性103名・女性62名、未就業者:女性62名)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP