2015年 世界主要国のビール消費量 

2016年12月21日
キリンは、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計171の世界主要国および各地域において、2015年のビール消費量をまとめました。この調査は1975年分から統計を開始しています。

トピックス

・世界の総消費量は、約1億8,378万kl(前年比0.3%減)で、30年ぶりに前年比マイナス。東京ドームをジョッキに見立てると、約148杯分に相当。

・国別では、中国(前年比3.9%減)が13年連続で1位となったが、大幅減の影響で、世界の総消費量もマイナス着地。6位のメキシコ(前年比6.7%増)は昨年に引き続き増加。

・地域別では、アジア(前年比1.6%減)の構成比が34.4%となり、8年連続で1位。アフリカ(前年比2.0%増)は、5年連続で増加。


2015年の世界のビール総消費量は、前年より約60万kl(大びん633ml換算で約9億本)減り、約1億8,378万kl(前年比0.3%減、大びん換算で約2,903億本)となりました。東京ドームをジョッキに見立てると、約148杯分(東京ドーム1杯は約124万kl)に相当します。

1.国別ビール消費量
・中国(前年比3.9%減)が2003年から13 年連続で1位となりました。
・増加率では、上位25カ国のうちベトナム(前年比7.7%増)が最も大きく、順位も9位(昨年11 位)になりました。
・日本(前年比0.5%減)は9年連続で7位となりました。

2.地域別ビール消費量
・地域別では、アジア、ヨーロッパ、北米、オセアニアが減少しましたが、その他の地域は増 加となりました。
・8年連続トップのアジア(前年比1.6%減)は、ベトナム(前年比7.7%増)、インド(前年比5.7%増)、韓国(前年比2.5%増)が増加しましたが、中国(前年比3.9%減)の影響で減少しました。
・アフリカ(前年比2.0%増)は5年連続で増加しています。

3.国別一人当たりビール消費量
・チェコが23年連続で1位となりました。
・上位35カ国のうち、昨年より消費量の伸びた国は16カ国でした。
・日本は、アジアで韓国の46.7Lに続き42.3L、大びん換算で約66.8本(前年比0.5本減)という結果でした。

注:日本の消費量については、ビール、発泡酒、新ジャンルの合計
四捨五入のため、数値が必ずしも一致しない場合がある
前年実績が今年の調査で変更になった国については、変更した数値で前年比を算出している
※ 前年の世界総消費量も最新の値に変更している(1億8,906万kl⇒1億8,438万klへ変更)

出典:各国ビール協会などへのアンケート調査(当社が実施したもの)
The Barth Report Hops 2014/2015 (BARTH−HAAS GROUP)
2016 Beer Market Insights Reports (Canadean Ltd.)
※ 2013年度以降、調査データ会社を変更したため、過去レポートと数値が合致しないこともある

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP