ECトレンド調査【2016年版】(EC運営や管理業務を担当している方) 

2016年12月20日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『ECトレンド調査 【2016年版】』結果を発表します。本調査は、事前のスクリーニング調査で「EC運営や管理業務を担当している」と回答した20歳以上の男女275名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■ECサイトへの集客方法は、1位「SNS」、2位「SEO」、3位「メルマガ」
EC担当者が実施している集客施策として「SNS」(40.8%)が最も多く、次いで「SEO」(40.4%)、「メルマガ」(39.3%)でした※。
出稿先のSNSは「Facebook」(78.9%)が最も多く、次に「Twitter」(70.6%)、「LINE」「YouTube」(ともに53.2%)、「Instagram」(47.7%)でした※。
また、来年の広告予算は33.3%が「予算を増やす予定」、45.3%が「予算は当面変えない予定」と回答しました。

■約3割のECサイトが、「動画広告」を配信
動画広告の配信は、31.1%が「すでに配信している」、12.4%が「興味があり、2017年3月までに配信したい」と回答しました。来年3月には4割以上のサイトが動画広告を配信するようです。

■アプリを提供しているECサイトは2割強
ECサイトのスマートフォンへの対応状況を聞いたところ、「Webをスマートフォンに対応させている」と答えたEC担当者は67.0%、「アプリを提供している」は25.1%でした※。

■今年、EC担当者が注目したキーワードは、1位「AI」、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」
2016年、EC担当者が最も注目したキーワードは「AI・人工知能」(34.5%)で、次いで「ブラックフライデー」(26.6%)、「Web接客」(25.8%)でした※。米国の年末商戦施策である「ブラックフライデー」は、日本でも浸透しつつあり、EC担当者も注目しているようです。

■来年、EC担当者が来年注目したいキーワードは、「AI」と「マーケティングオートメーション」
EC担当者が、2017年、最も注目したいキーワードは「AI・人工知能」(15.8%)、次いで「マーケティングオートメーション」(11.5%)でした※。最近、注目を集める「AI・人工知能」は、多種多彩なデータを取り扱うEC担当者の期待も高いようです。
※ 複数回答可。


【調査概要】
調査名:『ECトレンド調査【2016年版】』
調査期間 :2016年12月13日(火)~12月14日(水)
調査対象 :事前の調査で、EC運営や管理業務を担当していると回答した、20歳以上の男女275名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP