R&D若者ハンドブック2017(第二弾リリース) 

2016年12月15日
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、各種公開データに加え、生活者総合ライフスタイル調査「CORE」や「U26平成男子コミュニティ」など、R&Dが持つ独自の若者データを盛り込んだ、『R&D若者ハンドブック2017』を発行いたしました。
今回はその中から、若者のテレビ番組の好みの変化を過去データとの比較でご紹介いたします。

【調査結果】

“若者層では、好きなテレビ番組「アニメ」が10年前から大幅に増加”
・18-29才の好きなテレビ番組を10年前と比較すると、10年前よりも低下している項目が多い。
・10年前から大きく伸びているジャンルは「アニメ」で、20pt以上増加している。一方、上位番組では「音楽」「スポーツ」が10pt以上低下。

“24才以下男性では、好きなテレビ番組「バラエティ」の次に「アニメ」がランクイン”
・年代・性別でみると、10年前の24才以下の男性では、「バラエティ」に次いで、「スポーツ」「映画」「音楽」などが続いていたが、現在では「アニメ」が2位。「バラエティ」「スポーツ」「音楽」が15pt以上ダウンしている。
・25-29才においても、「アニメ」が20pt以上上昇している。

“若者女性でも10年前から伸びているのは「アニメ」”
・若者女性も男性同様に、大きく伸びているのは「アニメ」。上位番組では「音楽」「現代ドラマ」が約10ptダウン。


【調査概要】
生活者総合ライフスタイル調査システム『CORE』
調査エリア 首都圏40km圏(調査地点 200地点)
調査手法 訪問留置調査(一部郵送調査併用)
調査対象 18~79歳男女個人
サンプル設計 3,000サンプル(回収ベース)
調査時期 2015年 10月実施

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP