マーケティングトレンドに関する調査 【2016年版】(マーケティング関連職種に従事している20代~50代男女) 

2016年12月15日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『マーケティングトレンドに関する調査 【2016年版】』結果を発表します。
本調査は、事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~50代の男女479名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」
2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは「人工知能・AI」(38.8%)で、次いで「ポケモンGO」(36.7%)、「ドローン」(32.4%)でした※。

■来年、マーケティング担当者が注目したいキーワードは、1位「人工知能」、2位「IoT」
マーケティング担当者が、2017年、最も注目したいキーワードは「人工知能・AI」(38.6%)でした。マーケティング担当者にとって、「人工知能・AI」は2016年から引き続き注目すべきキーワードのようです。次いで「IoT」(25.3%)、「VR/AR」(24.0%)でした※。

■媒体としてのスマートフォンへの注目度は、昨年比で13.3ポイント上昇
非常に関心があり、今後も注目していきたい媒体として、「インターネット(スマートフォン以外)」を挙げる担当者が最も多いという結果になりました(76.4%)。次に「スマートフォン」(70.8%)で、2015年12月に行った同調査(57.5%)と比較すると、スマートフォンの媒体としての注目度は13.3ポイント増加しました。

■マーケティング担当者の情報源は、1位「Webサイト」、2位「テレビ」
ビジネス上、利用している情報源として「Webサイト」を挙げたマーケティング担当者が最も多く(65.1%)、次いで「テレビ」(42.4%)でした※。

■マーケティング担当者が情報源にするSNSは、「Facebook」が約8割で「Twitter」を上回る
ビジネスにおける情報源としてSNSを利用している人のうち、「LINE」を利用している人が最も多く(80.2%)、次いで「Facebook」(79.1%)、「Twitter」(71.4%)でした※。
※ 複数回答あり。


【調査概要】
調査名 :『マーケティングトレンドに関する調査 【2016年版】』
調査期間 :2016年12月7日(水)~12月12日(月)
調査対象 :事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~50代の男女479名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP