「結婚のメリット」に関する調査(23歳から39歳の既婚男女対象) 

2016年12月13日
アニヴェルセルは、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」に調査結果を公開しています。
第37弾は、全国の23歳から39歳の既婚男女600名(各300名)を対象に調査を行い、「結婚のメリット」に関する質問に対しての回答を以下のレポートにまとめています。

【調査結果】

■少子化時代に朗報!?
1位には「子供を育てられる」がランクイン。


回答は10の選択肢の中から、あてはまるものを全て回答していただきました。それでは早速、ご覧ください。

あなたにとっての、結婚のメリットは何ですか。あてはまるものを全てお答えください。(複数選択可)

1位は「子供を育てられる」(62.5%)。
既婚者の6割以上の方が選んだ結婚のメリット、断トツの1位です。「子宝」とはいいますが、やはり子供を授かることが最大のメリットと考える方が多いことがわかります。少子高齢化が課題の現代に、希望の光が見えた気がします。

2位は「癒し・楽しさ」(53.0%)。3位には「好きな人と一緒にいられる」(41.8%)が入りました。
いずれも約半数の方が選んだ回答です。愛する人と、いつも一緒にいられること、愛する人と過ごすゆっくりとした時の流れはかけがえのないものです。ある意味、これがいちばん正直で素直な回答かもしれません。

4位に入ったのは「経済面」(34.5%)。
3割の方が選んだ「経済面」は、共働き世代の方にとって、結婚とおカネは切り離せない問題と考えている方が多いということなのでしょう。

5位は「親孝行」(29.5%)。
こちらも3割近い方が回答しています。結婚はあくまでもおふたりのこと。とはいえ、結婚することによって親御さんを安心させてあげたいというのも、率直な気持ちなのでしょう。

以下、6位「老後の安心」(23.7%)、7位「世間体」(17.8%)、8位「家事」(16.8%)、9位「社会貢献」(4.3%)、10位「その他」(0.5%)が入りました。

■20代では、半数以上がメリットと回答!

ところで、この全体の結果を男女別・年代別に見るとどうでしょう?4位の「経済面」について見てみます。

男性と女性、20代と30代では、それぞれ20%ほどの差があることがわかります。
女性の比率が高いのは、女性の社会進出が高まっている現代とはいえ、やはり経済面に関してはまだお相手に頼ることが多いということでしょうか。

また、年代別で見ると、20代と30代では20%近い隔たりがあります。20代では半数以上の方が経済面を結婚のメリットと考えていることがわかります。若いうちに結婚されたカップルは、経済面に対してはお互いに協力することによって、力を合わせて新婚家庭を築いていくということかもしれません。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国23歳~39歳 既婚男女600名
調査期間:2016年3月18日~3月23日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP