アフィリエイト市場に関する調査(2016年) 

2016年12月13日
矢野経済研究所は、国内のアフィリエイト市場の調査を実施した。

<アフィリエイトとは>
 アフィリエイトとは、ブログやホームページなどに、ある企業サイトへの広告(リンク)を張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、ブログやホームページのオーナー(アフィリエイトサイトオーナー)に報酬が支払われるという成果報酬型の広告手法である。
 本調査におけるアフィリエイトは、各種広告主とアフィリエイトサイトオーナーを仲介する代理店方式のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)型や、仮想ショッピングモール運営企業がアフィリエイトを提供するモール型、自社のショッピングサイトにある商品の販売促進を目的として、自社が広告主となりアフィリエイトを提供する独自型、ASPや広告主に対してアフィリエイトに必要なトラッキングシステムや分析ツールなどの高機能なプラットフォームを提供するプラットフォーム型を対象とした。
<アフィリエイト市場とは>
 本調査におけるアフィリエイト市場規模は、アフィリエイトの広告費(成果報酬額)、手数料、諸費用(初期費用、月額費用、オプション費用等)などを合算し、算出した。

【調査結果サマリー】

◆2016年度のアフィリエイト市場規模は前年度比115.3%の2,006億5,000万円の見込
 EC市場の拡大及びスマートフォンの普及拡大を背景に、アフィリエイト市場は堅調に拡大を続けており、2015年度の国内のアフィリエイト市場規模は前年度比116.4%の1,740億2,000万円であった。2016年度は同115.3%の2,006億5,000万円まで成長すると見込む。

◆ASPの新規参入増加がアフィリエイト市場を牽引
 システム費用のコストダウンやセレクトされた媒体等への掲載により出稿効果を向上させるなどの対策により、完全成果報酬型のアフィリエイトサービスが提供され始めており、主に中小規模の広告主の獲得が図れるようになった。これにより、既存ASPとの差別化も図れ、新たに参入する事業者数が増加している。

◆将来予測:2020年度のアフィリエイト市場規模は3,500億円まで拡大と予測
 国内のアフィリエイト市場は、①広告主1社当たりのアフィリエイト予算の拡大、②大手ソーシャルメディアのアフィリエイト採用の可能性、③中小規模の広告主のアフィリエイト利用の拡大、④アフィリエイトプラットフォームの利用拡大などを要因として、2020年度の同市場規模は3,500億円まで拡大と予測する。


【調査概要】
・調査期間:2016年6月~10月
・調査対象:主要アフィリエイトサービス事業者、ポイントサイト/ポイントモールサービス事業者
・調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP