男性の薄毛と男性活力低下の悩みに関する調査2016(20歳~59歳男女対象) 

2016年12月07日
アンファーは、20歳~59歳男女1,000人(男性500人、女性500人)を対象とした「男性の薄毛と男性活力低下の悩みに関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

【調査結果サマリー】

男性が抱える体の悩み・コンプレックスの実態とは?
・ 男性の体の悩み・コンプレックス 「薄毛」と「男性活力の弱さ」は4 人に1 人、「筋肉の少なさ」は2 人に1 人が悩み
・ 「薄毛」の悩みは30 代で2 割強、40 代で3 割、「男性活力の弱さ」の悩みは30 代で2 割強、40 代で3 割半
・ 年収600 万円以上は疲労蓄積で男性活力低下 「男性活力の弱さ」に悩みを抱える傾向
・ 活力不足は女性も抱える悩み 「女性活力の弱さ」は4 割の女性のコンプレックス
・ 女性が抱える体の悩み 「肥満」は3 割だが「筋肉が少ない」コンプレックスは7 割

男性が将来の体の変化で心配なことは?
・ 男性が体の変化で心配なこと 「薄毛進行」や「男性活力低下」は5 割強、「筋肉の衰え」7 割
・ 20 代男性の6 割強が「薄毛進行」を心配、「男性活力低下」は20 代の5 割弱、30 代以降では5 割以上が不安視
・ 女性の5 割がパートナーの「薄毛進行」を心配、「男性活力低下」では4 割強、「メタボの進行」では7 割弱
・ 男性が気にする以上に女性は「パートナーのメタボ化」にビンカン

男性のモテ活実態! モテるための努力を女性は評価している?
・ “モテ活”男子の3 割弱が「薄毛予防」、2 割半が「男性活力低下予防」、6 割弱が「筋トレ」を実施
・ 女性が将来のパートナーに求めるもの「髪の力強さ」は4 割強、「男性活力」は4 割弱、「筋肉の力強さ」は7 割半
・ 既婚女性の2 割弱が「パートナーの男性活力に不満あり」結婚後の衰えには要注意?女性は彼氏よりも夫に対して「男性活力」の不満を抱きがち

男性が力強さを自己評価! 女性が惹かれるポイントは?
・ 男性の“男性活力”自己評価 「満足している」と「不満がある」が拮抗、「満足している」男性は30 代では4 人に1 人、30 代以降は「男性活力に不満」が多数派に
・ 男性が筋トレやプロテインで筋肉を付けたい体のパーツ 1 位「腹筋」、2 位「胸板」、3 位「二の腕」
・ 女性の4 割強が「胸板」フェチ!男性の体でセクシーだと思うパーツ 1 位「胸板」、2 位「二の腕」、3 位「腹筋」
・ 差がつくポイントは「お尻」の筋肉!男性が筋肉を付けたいパーツ最下位で、女性が惹かれるパーツでは5 位

男性も女性もその魅力に惚れ惚れ!男性有名人ランキング
・ 髪も体も力強くてセクシー! 守って欲しい 格闘技選手1 位「棚橋弘至選手」、2 位「山中慎介選手」
・ 昔に比べて男を上げた!お笑い芸人ランキング 1 位「宮迫博之さん」、2 位「徳井義実さん」、3 位には「井上裕介さん」がランクイン!

【調査結果】

【男性が抱える体の悩み・コンプレックスの実態とは?】
●男性の体の悩み・コンプレックス「薄毛」と「男性活力の弱さ」は4人に1人、「筋肉の少なさ」は2人に1人が悩み
●「薄毛」の悩みは30代で2割強、40代で3割、「男性活力の弱さ」の悩みは30代で2割強、40代で3割半
●年収600万円以上は疲労蓄積で男性活力低下 「男性活力の弱さ」に悩みを抱える傾向
●活力不足は女性も抱える悩み 「女性活力の弱さ」は4割の女性のコンプレックス
●女性が抱える体の悩み 「肥満」は3割だが「筋肉が少ない」コンプレックスは7割

はじめに、全国の20歳~59歳の男女1,000名(全回答者)に、体の悩みやコンプレックスについて聞きました。

まず、男性(500名)に、現在抱いている体の悩みやコンプレックスについて聞いたところ、「薄毛である」が24.8%、「男性活力(=男性としての肉体的・精神的な元気さや若々しさのこと。勃起力や性欲などを含む。)が弱い」が25.2%と、4人に1人の割合でこれらの悩みやコンプレックスを抱えていることがわかりました。薄毛や男性活力の弱さに悩む男性は少なくないようです。また、「肥満である」が30.8%、「筋肉が少ない」が49.0%となりました。体型について、肥満体型が悩みだとする人は3割、筋肉量が少ないことがコンプレックスだと感じている人が半数近くとなっています。
年代別にみると、「薄毛である」は20代12.0%、30代23.2%、40代30.4%、50代33.6%と、年代が上がるほど悩みを抱えている割合が高くなりました。また、「男性活力が弱い」では、20代12.8%、30代21.6%、40代33.6%、50代32.8%となりました。どちらも20代を超えて30代、40代と年を重ねるにつれ、コンプレックスを感じる人が多くなるようです。

さらに、「男性活力が弱い」については、年収が高くなるほど悩みを抱える傾向がみられ、年収600万円以上の層では37.0%と、それ以下の年収の層と比べて高くなりました。加齢や仕事の忙しさから、肉体的、精神的な疲れが蓄積するようになり、男性活力が衰えたと感じる人が多いのではないでしょうか。

同様に、女性(500名)に、現在抱いている体の悩みやコンプレックスについて聞いたところ、「薄毛である」が13.8%、「女性活力(=女性としての肉体的・精神的な元気さや若々しさのこと。美容や愛情に対する欲求などを含む。)が弱い」が39.4%、「肥満である」が30.8%、「筋肉が少ない」が69.8%となりました。男性と比べて、活力の弱さや筋肉の少なさに対する悩みやコンプレックスが多くなりました。

【男性が将来の体の変化で心配なことは?】
●男性が体の変化で心配なこと 「薄毛進行」や「男性活力低下」は5割強、「筋肉の衰え」7割
●20代男性の6割強が「薄毛進行」を心配、「男性活力低下」は20代の5割弱、30代以降では5割以上が不安視
●女性の5割がパートナーの「薄毛進行」を心配、「男性活力低下」では4割強、「メタボの進行」では7割弱
●男性が気にする以上に女性は「パートナーのメタボ化」にビンカン

次に、男性(500名)に、自身の体に起こる老化や将来の変化を、どの程度心配しているか聞きました。

まず、「薄毛の進行」について聞いたところ、「非常に心配」が16.4%、「少し心配」が37.0%となり、それらを合計した「心配(計)」が53.4%となりました。将来の毛髪量を不安に感じている男性が過半数となっています。
同様に、「男性活力の低下」について聞いたところ、「非常に心配」が12.8%、「少し心配」が40.2%で、「心配(計)」が53.0%と、こちらも半数を超えました。男性としての肉体的・精神的な若々しさの低下を心配する声が多いということは、いつまでも活力のある若々しい体をキープしたいと望む男性の気持ちの表れではないでしょうか。
そのほか、「メタボの進行」は「心配(計)」が59.6%、「筋肉の衰え」は「心配(計)」が69.8%となりました。
年代別に「心配(計)」の割合をみると、「薄毛の進行」は20代61.6%、30代58.4%、40代52.0%、50代41.6%となり、若い年代ほど心配する声が多くなりました。若いうちは、将来の薄毛に対する不安が大きいようです。
一方、「男性活力の低下」は、20代48.0%、30代53.6%、40代57.6%、50代52.8%と、20代よりも30代・40代・50代で不安視する声が多くなりました。20代でも男性活力の低下を心配する声は決して少ないわけではありませんが、20代を過ぎ、肉体的な衰えを感じ始めると、心配になる人が増えるテーマなのかもしれません。

男性の体の老化や変化について、女性はどのように考えているのでしょうか。

女性(500名)に、パートナー(配偶者・恋人)の体に起こる老化や将来の変化について、心配なことを聞いたところ、「薄毛の進行」では、「非常に心配」が13.6%、「少し心配」が35.6%で、「心配(計)」が49.2%となりました。また、「男性活力の低下」は「心配(計)」が42.2%となっています。女性の5割はパートナーの薄毛が進行すること心配し、4割以上はパートナーの男性活力の低下を不安視していることが明らかになりました。
そのほか、「メタボの進行」は67.0%、「筋肉の衰え」は62.2%となっています。6割以上の女性は、パートナーのメタボ体型化や筋肉の衰えを心配していることがわかりました。パートナーのスタイルの変化を心配している女性が多いことから、いつまでも若々しく力強い体でいて欲しいと願う女性の気持ちがうかがえました。

男性の体に起こる老化や将来の変化に「心配(計)」と回答した割合を男女で比較すると、「メタボの進行」(男性59.6%、女性67.0%)は男性本人よりも女性のほうが心配だと回答した割合は高くなりました。男性のメタボ体型に対しては、男性本人が気にする以上に女性は心配し、チェックをしているようです。パートナーの健康を願う意味でも、メタボ体型化を見逃せない女性が多いのではないでしょうか。

【男性のモテ活実態! モテるための努力を女性は評価している?】
●“モテ活”男子の3割弱が「薄毛予防」、2割半が「男性活力低下予防」、6割弱が「筋トレ」を実施
●女性が将来のパートナーに求めるもの 「髪の力強さ」は4割強、「男性活力」は4割弱、「筋肉の力強さ」は7割半
●既婚女性の2割弱が「パートナーの男性活力に不満あり」 結婚後の衰えには要注意?女性は彼氏よりも夫に対して「男性活力」の不満を抱きがち

ところで、毛髪の量や肉体的・精神的な若々しさ、体型を保ちたいと思う男性の心理には、異性から良く見られたいと願う、“モテたい”との思いも関係しているのではないでしょうか。ここでは、男性のモテ意識と、モテ意識から行っている活動について探りました。

まず、男性(500名)に、「モテ活(=モテるための努力)」を行っているか聞いたところ、実施率(行っている割合)は男性全体で15.0%、20代では21.6%となりました。

さらに、モテ活以外に行っている活動について聞いたところ、「薄毛予防」の実施率は15.2%、「男性活力の低下予防」は8.0%、「筋トレ」は29.6%、「プロテインの摂取」は5.6%となりました。
モテ活実施状況別にみると、モテ活を行っている人は、「薄毛予防」の実施率が28.0%、「男性活力の低下予防」の実施率は24.0%、「筋トレ」の実施率は57.3%、「プロテインの摂取」は16.0%となり、いずれもモテ活を行っていない人よりも高くなりました。やはり、モテ意識は、薄毛や男性活力の低下、筋肉の衰えに抗おうとする男性のモチベーションとなるようです。

では、女性はこれらの男性の努力を恋人選びで重視しているのでしょうか。モテ活に励む男性が気になる、女性側の意識についても探りました。

現在パートナー(配偶者・恋人)がいない女性(129名)に、将来のパートナーに求めるものを聞いたところ、「髪の力強さ(=髪の毛のハリやコシ)」は42.7%の女性がパートナーに求めていると回答しました。さらに、「男性活力」は38.8%、「体(筋肉)の力強さ」は74.4%となりました。男性がモテを意識して行う薄毛予防や男性活力の低下予防、筋トレやプロテインの摂取などの努力は、成果が出れば、実際に女性から評価されるポイントとなるようです。

一方で、パートナーの髪の力強さや男性活力、体の力強さの衰えに、がっかりしてしまった女性はどのくらいいるのでしょうか。

現在パートナーがいる女性(331名)に、現在のパートナーに対して不満を抱いているものを聞いたところ、「髪の力強さ」は17.2%の女性が不満を抱いていると回答しました。さらに、「男性活力」では14.6%、「体(筋肉)の力強さ」では20.5%の女性が不満を抱いていることがわかりました。パートナーの毛髪や活力、体の衰えに、がっかりしてしまった女性も少なくないようです。
パートナー種別(相手が配偶者か恋人か)で分けてみると、パートナーの「男性活力」に不満を抱いている割合は、恋人がいる女性(5.3%)よりも配偶者がいる女性(17.2%)で高くなりました。結婚したら油断してしまう男性が多いためか、結婚後のパートナーの男性活力に不満を感じる女性が多いようです。パートナーから幻滅されないためには、男性は結婚後もモテを意識して行っていた男性活力の低下予防などの努力を継続したほうがいいのではないでしょうか。

【男性が力強さを自己評価! 女性が惹かれるポイントは?】
●男性の“男性活力”自己評価 「満足している」と「不満がある」が拮抗、「満足している」男性は30代では4人に1人、30代以降は「男性活力に不満」が多数派に
●男性が筋トレやプロテインで筋肉を付けたい体のパーツ 1位「腹筋」、2位「胸板」、3位「二の腕」
●女性の4割強が「胸板」フェチ!男性の体でセクシーだと思うパーツ 1位「胸板」、2位「二の腕」、3位「腹筋」
●差がつくポイントは「お尻」の筋肉!男性が筋肉を付けたいパーツ最下位で、女性が惹かれるパーツでは5位

続いて、男性(500名)に、自身の髪の力強さや男性活力、体の力強さにどの程度満足しているか聞きました。

まず、「髪の力強さ」について聞いたところ、「非常に満足している」が8.8%、「やや満足している」が24.0%となり、それらを合計した「満足(計)」が32.8%、「全く満足していない」が9.6%、「あまり満足していない」が18.6%となり、それらを合計した「不満(計)」が28.2%となりました。比較的満足している人が多いようですが、自身の髪の力強さに不満がある人が3割弱いることがわかりました。
次に、「男性活力」について聞いたところ、「満足(計)」は23.6%、「不満(計)」は25.8%と、どちらも4人に1人程度の割合で拮抗しました。
年代別にみると、20代は「満足(計)」が30.4%、「不満(計)」が14.4%となり、満足している人が15ポイント以上高くなりましたが、30代以降は満足と不満が逆転し、30代では不満が4ポイント高くなり(「満足(計)」24.0%、「不満(計)」28.0%、以下同順)、40代(19.2%、30.4%)や50代(20.8%、30.4%)ではその差が約10ポイントに広がりました。男性活力については、年代が上がるにつれて、不満に思う人が増えてくるようです。
さらに、「体(筋肉)の力強さ」について聞いたところ、「満足(計)」は15.0%、「不満(計)」は44.2%と、不満を抱いている人が多数となりました。現状の筋力に満足している男性は少数派で、体を鍛えてもっと力強い体になりたい人が多いことがうかがえました。

では、男性はどんな部位の筋肉を付けたいと思っているのでしょうか。

男性(500名)に、筋トレやプロテイン摂取で、筋肉を付けたいと思う自分の体のパーツはどこか聞いたところ、「腹筋」が62.8%で最も高く、次いで、「胸・胸板」が44.6%、「二の腕」が35.0%で続きました。割れた腹筋、厚い胸板、たくましい二の腕に憧れているのか、これらの部位を鍛えたいと思っている男性が多いようです。

では、女性の視線は、男性のどの筋肉に特に魅力を感じるのでしょうか。

女性(500名)に、セクシーだと思う男性の体のパーツはどこか聞いたところ、「胸・胸板」が43.4%で最も高く、次いで、「二の腕」が34.2%、「腹筋」が30.6%で続きました。男性が鍛えたい体のパーツのトップ3と女性がセクシーに感じる男性の体のパーツトップ3は、順位の違いはあるものの、一致していることがわかりました。筋トレやプロテイン摂取で筋肉を付けたら、パートナーや気になる異性にセクシーだと評価されるようになるかもしれません。
また、女性がセクシーだと思う男性の体のパーツ5位となった「お尻」(14.4%)は、男性が筋肉を付けたい体のパーツでは最下位で、男女で意識の差がみられました。男性があまり意識していないお尻の筋肉ですが、女性は男性の引き締まったお尻に魅力を感じるようです。

【男性も女性もその魅力に惚れ惚れ!男性有名人ランキング】
●髪も体も力強くてセクシー! 守って欲しい 格闘技選手 1位「棚橋弘至選手」、2位「山中慎介選手」
●昔に比べて男を上げた!お笑い芸人ランキング 1位「宮迫博之さん」、2位「徳井義実さん」、3位には「井上裕介さん」がランクイン!

ここまでで、薄毛や男性活力の低下を防ぎ、筋肉を鍛えたいと願う男性の意識や、その男性の努力の成果が実れば女性からの好評価につながることが明らかになりました。では、世の男性・女性は、どのような男性の姿を理想像として思い描いているのでしょうか。有名人を題材として、魅力に感じる男性の姿を探る質問を行いました。

まず、男性としての力強さに溢れる格闘技選手に注目し、女性(500名)に、髪も体も力強くて、守って欲しいと思う格闘技選手は誰か聞いたところ、1位は100年に1人の逸材として知られるプロレスラーの「棚橋弘至」選手、2位はWBC世界バンタム級王者の「山中慎介」選手、3位はWBO世界スーパーフライ級王者の「井上尚弥」選手となりました。格闘技の世界で力強く活躍する男性に魅力を感じている女性も多いようです。

続いて、全回答者(1,000名)に、最近、男を上げた(=「髪も体もケアできている」など、男性としての魅力が上がっている)と思うお笑い芸人について聞いたところ、1位は雨上がり決死隊の「宮迫博之」さん、2位はチュートリアルの「徳井義実」さん、3位はNON STYLEの「井上裕介」さんとなりました。

【えっ!?知らなかった! 髪の成長に本当に必要なのは○○○】
●髪に必要な栄養素“シスチン”が豊富に含まれている食材とは?「わかめ」や「しじみ」などと勘違いしている人が92% 髪の毛の主成分はタンパク質! 髪の成長に欠かせないのはシスチンなどのアミノ酸!

髪の毛を構成する主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質です。また、そのケラチンは多数のアミノ酸で構成されており、構成するアミノ酸の中で最も多いのはシスチンであることが知られています。このことを回答者に説明したうえで、髪に必要な栄養素を効率良く摂取するための食材について、質問を行いました。

全回答者(1,000名)に、提示したいくつかの食材の中で、髪の成長に欠かせない“シスチン”を最も豊富に含む食材は何だと思うかを聞いたところ、「わかめ」が55.6%で最も高く、次いで、「しじみ」が22.1%、「たまご」が8.3%で続きました。ちなみに、今回提示した食材の中で、シスチンを最も豊富を含む食材は「きな粉」でしたが、正解を選んだ人は7.9%で、1割に満たない正答率となりました。特に、わかめでシスチンが摂れると誤解している人が多いようです。


「アンファー調べ」

【調査概要】
調査タイトル:男性の薄毛と男性活力低下の悩みに関する調査2016
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20歳~59歳の男女
調査期間:2016年11月5日~9日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から性年代が均等になるように抽出)
調査協力会社:ネットエイジア株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP