「2016年 重大ニュース」調査(20歳~69歳の男女対象) 

2016年12月06日
マクロミルは、11月末にアンケートを実施し、2016年の重大ニュースをいち早く集計してみました。
調査は20歳~69歳の全国の男女を対象に実施。調査期間は2016年11月28日(月)~11月29日(火)。有効回答数は2,000人。

【調査Topics】

・2016年の「重大ニュース」トップ20を発表!1位は「アメリカ時期大統領にドナルド・トランプ」で59%が重大だと回答。

・「重大だと思うニュース」には、男女で傾向に差あり。身近なニュースを選ぶ女性に、政治に関心高い男性。


【調査結果】

【1】2016年の重大ニュース、トップ20を発表!1位は「アメリカ時期大統領にドナルド・トランプ」。

2016年に話題となったニュース25個(※)の中から、「2016年の『重大なニュース』」だと思うものを、全国の20~60代の男女2,000名に複数回答で選んでもらいました。

◆2016年『重大ニュース』 1位~10位
1位    アメリカ時期大統領にドナルド・トランプ    59.4%
2位    地震の多発(熊本地震、鳥取地震、東北地方等)    53.4%
3位    天皇陛下に生前退位報道    42.9%
4位    高齢者の運転事故多発    38.8%
5位    イギリスが国民投票でEU離脱決定    34.0%
6位    SMAP解散    33.4%
7位    築地市場移転・豊洲新市場盛り土問題    33.0%
8位    小池百合子新東京都知事誕生    32.7%
9位    韓国 朴槿恵大統領 不祥事報道    30.8%
10位    オバマ大統領が広島訪問    30.5%

◆2016年『重大ニュース』 11位~20位
11位    JR博多駅前で道路陥没事故    28.7%
12位    相模原の障害者施設 殺傷事件    28.5%
13位    リオ五輪 日本選手活躍    28.1%
14位    舛添東京都知事 政治資金疑惑・辞任    24.8%
15位    ポケモンGO流行    24.1%
16位    広島東洋カープ 25年ぶりリーグ優勝    18.3%
17位    清原和博 覚せい剤で逮捕    18.2%
18位    小林麻央 乳がんでの闘病・ブログ開設    17.8%
19位    相次ぐ乳幼児虐待死事件    16.8%
20位    ベッキー・川谷 不倫報道    16.1%

※マクロミルのユーザートークサービス「ミルトーク」にて「2016年で印象に残ったニュース」を調査した結果、5名以上が回答したニュース25件を選択肢として調査を実施。ミルトークでの調査期間は2016年11月24日(木)~11月28日(月)。回答者数は1,966名。

【2】「重大だと思うニュース」には、男女で傾向に差あり。身近なニュースを選ぶ女性に、政治に関心高い男性。

重大だと思うニュースには男女間で傾向に差が見られました。トップ5を比較すると、女性に特徴的だったのは3位「高齢者の運転事故多発」48%(男性は7位30%)、5位「SMAP解散」40%(男性は10位27%)です。一方、男性で特徴的だったのは4位「イギリスが国民投票でEU離脱決定」37%(女性は、11位31%)、5位「オバマ大統領が広島訪問」31%(女性は12位30%)です。女性は生活に直結した身近なニュースを、男性は国際情勢や政治に関するニュースを重大だと感じる傾向があると言えそうです。


【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査対象:20歳~69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計2,000サンプル
調査期間:2016年11月28日(月)~11月29日(火)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP