訪日外国人の東北観光に関する意向調査 

2016年12月05日
オールアバウトは、オールアバウトが運営する情報サイト「All About Japan」のSNSアカウントをフォローする外国人467人に対し、昨今訪日外国人の観光ニーズが高まる東北についての意識調査を実施いたしました。

【調査結果のポイント】

■東北に対するアジア圏での認知率が高い一方、英語圏では低い現状

■震災による東北旅行への影響、7割が「まったく不安ではない」と回答

■東北をよく知る外国人が、訪日外国人に対しアピールすべきと考える東北の地域は
「青森」「宮城」「山形」、さらに東北の魅力 1位は「温泉」。

■東北をよく知らない外国人が、東北でやってみたい体験1位「郷土料理を食べる」
また、魅力的だと感じる観光地は「横手のかまくら」、「白神山地」が首位

【調査結果】

■東北に対するアジア圏での認知率が高い一方、英語圏では低い現状
株式会社オールアバウトが運営する情報サイト「All About Japan」のSNSアカウントをフォローする外国人467名に対し、東北についての認知率を聞いたところ「良く知っている」と回答した割合は3割に留まりました。言語別の認知率を見ると、中国語圏の中国、台湾、香港の合計値が最も高く(86%)、次いでタイ(42%)がランクインし、アジア圏で広く認知されていることがわかりました。一方、英語圏ではわずか8%に留まり、認知の低さが明らかになりました。

■震災による東北旅行への影響、7割が「まったく不安ではない」と回答
各国でも大きく報道された東日本大震災から5年経過した現在、東北旅行に対する震災の影響を聞いたところ、7割が「まったく不安ではない」と回答し、「あまり不安ではない」と合わせると約9割となり、震災による観光ニーズの低下は見られませんでした。

■東北を良く知る外国人が、訪日外国人に対しアピールすべきと考える東北の地域は
1位「青森県」2位「宮城県」3位「山形県」

調査を行った467人のうち、「東北を知っている」と回答した146名に対し、訪日外国人向けにアピールすべき東北の地域を聞いたところ、約4割が「青森県」と回答し、次いで「宮城県」(24%)がランクインしました。言語別にみると、総合ランキングと同様に「青森県」「宮城県」を支持する人が多いものの、3位以下はエリアにより違いが見られ、英語圏では「岩手県」、タイでは「秋田県」、中国語圏では「山形県」となりました。

■東北をよく知る外国人が、訪日外国人に対しアピールすべき東北の魅力は
 1位「温泉」2位「食」3位「四季」4位「歴史」5位「雪」

「東北を知っている」と回答した外国人に、訪日外国人に対してアピールすべき東北の魅力を聞いたところ、約半数が「温泉」と回答し、次いで「食べ物」(38%)、「四季」(30%)がランクインしました。言語別にみると、アジアでは「四季」「温泉」「食べ物」が上位に入る中、英語圏では「食べ物」(62%)に次いで、「温泉」と「歴史」と回答した割合がそれぞれ4割存在し、英語圏では歴史的背景のある観光地へのニーズが高いことが分かりました。

■東北をよく知らない外国人が、東北でやってみたい体験
 1位「郷土料理を食べる」2位「温泉に入る」3位「昔の街巡り」

調査を行った467人のうち、「東北を知らない」と回答した321名に対し、東北でやってみたい体験について聞いたところ、約8割が「郷土料理を食べる」「温泉に入る」と回答し、東北についてよく知る外国人の観光ニーズと合致していることがわかりました。
さらに、約7割が「昔の街を巡る」と回答しており、日本の風情が感じられる温泉街や、合掌造りなど、街並み散策へのニーズも高く、言語別にみるとタイ(86%)、英語圏(71%)で特に高いことがわかりました。中国語圏では、温泉や郷土料理を食べることに次いで、スキーと回答した人が約7割と高いことが分かりました。

■東北をよく知らない外国人が、魅力的だと感じる東北の観光地
 1位「横手のかまくら」「白神山地」2位「銀山温泉」3位「弘前の桜」

「東北を知らない」と回答した321名に対し、25箇所の東北の観光地の写真を見てもらい、魅力を感じる観光地を選択してもらったところ、「横手のかまくら」「白神山地」「銀山温泉」が上位にランクインしました。
言語別にみると、タイでは「白神山地」と同数で「大内宿」が1位にランクインし、英語圏では「弘前の桜」が「横手のかまくら」「銀山温泉」に次いで3位にランクインするなど、各国によって人気順位が異なる結果となりました。


【調査概要】
・調査日程:2016年10月5日(水)~10月24日(月)
・調査対象/有効回答者数:株式会社オールアバウトが運営する情報サイト「All About Japan」のSNSアカウントをフォローする外国人467名
(ⅰ)英語圏(欧米/オセアニア/東南アジア(タイを除く)/アフリカ/中近東のうち45か国) 300名
(ⅱ)タイ語圏(タイ)50名
(Ⅲ)中国語圏(中国・台湾・香港・マレーシア)117名
・調査方法:インターネットリサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP