「安全な学校」をテーマとした調査(世界41ヵ国の子どもたちを対象) 

2016年11月20日
チャイルド・ファンド・アライアンスは、世界41ヵ国、6,226名の子どもたちを対象としたアンケートを実施し、調査結果を発表しました。

世界の子どもたちを対象としてチャイルド・ファンド・アライアンスが毎年実施している調査、Small Voices, Big Dreams(子どもたちの小さな声 大きな夢)。「安全な学校」をテーマとした今回の調査には41ヵ国、6,226名の子どもたちが参加し、「学校で一番好きなことは?」など6つの質問に回答しました。

重要な調査結果の一つに、世界中の98%の子どもが「教育は重要である」と答えたことがあげられます。その理由としては、「大人になった時にいい仕事に就けるから」が全世界でもっとも多い回答でした。一方、全世界では17%だった「教育は将来両親の面倒をみるのに役立つから」という回答が、フィリピンでは43%と、調査実施国の中でもっとも高い結果となりました。

【調査結果要約】

質問 1 「もしあなたが、あなたの国のリーダーだったら、教育や学校を良くするために何をしますか?」
【全体/途上国/先進国】
学校設備を改善する。質の高い学習環境をつくる。 47%/56%/19%
制服、文房具を配布する。教室に本や機器を設置する。 27%/31%/15%
特にスポーツや芸術のカリキュラムを改善させる。 24%/18%/43%
教育の質を向上させる。 24%/27%/14%
学校や生徒により多くの経済的支援をする。 24%/25%/22%
物理的にも感情的にも危険を感じないような安全な学校にする。 6%/5%/7%

質問 2 「何が学校で一番好きですか?」
【全体/途上国/先進国】
新しいことを学ぶこと 47%/51%/35%
先生と勉強すること 29%/35%/11%
友だちといること 26%/19%/48%
体育、図工・美術、レクリエーション 14%/12%/19%

質問 3 「学校や教育は重要ですか?その理由は?」
【全体/途上国/先進国】
はい 98%/99%/96%
いいえ 1%/0%/3%

【全体/途上国/先進国】
大人になってから良い仕事につくことができるから 45%/40%/64%
教育は自分をより良い人間にしてくれるから 23%/23%/24%
教育によって親の世話をする助けになるから 17%/20%/6%

質問 4a 「安全な学校とはどういう意味ですか?」
学校での安全について、全体の約 1/3(28%)の子どもたちが「物理的にも感情的にも虐待のリスクが無いこと」と答えました。子どもたち全体の 17%が「校舎や設備が清潔で安全で、手入れが行き届いている」のが安全な学校と答えました。また、14%の子どもは、先生が信頼でき、尊敬できること、と答えました。

質問 4b 「それでは、その意味で、学校はどれくらい安全ですか?」
【全体/途上国/先進国】
学校はいつも安全です 60%/60%/58%
学校は安全ではない時もあります 31%/32%/29%
学校は安全ではありません 3%/3%/1%

質問6 「家族の手伝いをするために、学校を休まなければなかったことはありますか?」
【全体/途上国/先進国】
はい 26%/31%/8%
いいえ 72%/67%/89%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP