都市ブランド・イメージ調査(国内主要8都市に在住する20~64歳対象) 

2016年09月05日
名古屋市観光文化交流局では、名古屋の魅力向上策や効果的な発信方法など、いわゆるシティプロモーションに係る戦略の策定に取り組んでいます。

その策定にあたり、まずは名古屋に対して抱かれているイメージやブランドを把握するため、名古屋市を含む全国8都市に在住する人に対し、それぞれの都市に対する愛着や誇り、推奨度合の他、名古屋の魅力資源等について調査しました。

調査対象:
札幌市、東京 23 区、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市に在住する 20~64 歳で、かつ、各都市の在住年数が 5 年以上の男女
ネットリサーチ会社のネットリサーチシステムを利用し、各都市418 サンプル

【調査結果】

1 シビックプライド(愛着・誇り・推奨)について
① 住んでいる都市に対する愛着=「愛着度」
(Q 現在お住まいの都市に愛着を感じますか。)
② 住んでいる都市に対する誇り=「誇り度」
(Q 現在お住まいの都市に誇りを感じますか。)
③ 住んでいる都市に買い物や遊びを友人・知人へ推奨=「推奨度」
(Q 現在お住まいの都市に買い物・遊びなどで訪れることを友人・知人に薦めたいですか。)

○名古屋市の「愛着度」は調査対象とした 8 都市中 7 番目で、「誇り度」は 6 番目、「推奨度」は最下位。
○名古屋市は「愛着度」、「誇り度」、「推奨度」において、中立を意味する 5~7 点を付けた人が他都市と比べて最も多い。
○名古屋市は「推奨度」において、同意を意味する 8~10 点を付けた人が他都市と比べて最も少ない。
○「愛着度」札幌市、神戸市、福岡市の順に高く、大阪市、名古屋市、横浜市の順に低い。
○「誇り度」は福岡市、神戸市、札幌市の順に高く、大阪市、東京区部、名古屋市の順に低い。
○「推奨度」は札幌市、福岡市、京都市の順に高く、名古屋市、東京区部、大阪市の順に低い。
○「愛着度」や「誇り度」が最も低いのは大阪市であるが、「推奨度」は名古屋市の 2 倍以上である。
○「誇り度」は「推奨度」と比べ高くなっている都市が多いが、札幌市と大阪市のみ「推奨度」の方が高い。
○東京区部と名古屋市は「愛着度」、「誇り度」、「推奨度」の数値が似たような傾向がある。
○非同意を意味する 0~4 点を付けた人が最も多い都市は東京区部であるが、同意を意味する8 点~10 点を付けた人が名古屋市よりも、東京区部の方が多いため、「推奨度」の最下位は名古屋市となっている。

2 都市の魅力について
④ 各都市を買い物や遊びで訪問したいか=「訪問意向」
(Q 次の各都市について、買い物や遊びに行きたいと思いますか。)
○名古屋市への「訪問意向」は、調査対象とした 8 都市の中で最も低い。

札幌市 36.6
東京区部 28.6
横浜市 28.9
名古屋市 1.4
京都市 37.6
大阪市 16.8
神戸市 27.7
福岡市 25.7

※「訪問意向」の算出方法
行きたいを 10 点、行きたくないを 0 点として得点を選択。10~8 点を「訪問意向あり」、5~7 点を中立、0~4 点を「訪問意向なし」とし、「訪問意向あり」の割合から「訪問意向なし」の割合の差を算出して指数化した=NPS(ネットプロモータースコア)

⑤ 8 都市の中で最も魅力的な都市・最も魅力に欠ける都市
(Q 現在お住まいの都市を含む 8 都市の中で最も魅力的に感じる都市、最も魅力に欠けると感じる都市をそれぞれ一つ選んでください。)
○名古屋市は「最も魅力的に感じる都市」で最下位、「最も魅力に欠ける都市」で最上位となり、最も魅力に乏しい都市と見られている。

⑥ 8 都市の市民が最も魅力的に感じる都市(Qは⑤と同様)
○他都市の市民は自分の住んでいる都市を、「最も魅力的に感じる」と回答する人が最も多
いが、名古屋市民は名古屋市よりも東京 23 区や京都市の方を「最も魅力的に感じる」と
回答する人が多い。

⑦ 魅力的な都市を選択した理由
(Q 「Q6」で「1. 魅力的に感じる」で選択した都市について、どのような理由によるものか、あてはまるものを全て選んでください。
○京都市の「歴史がある」をはじめとして、札幌市(76.9%)や東京区部(69.6%)、大阪市(69.5%)、神戸市(70.4%)、福岡市(72.5%)では、概ね 7 割以上の人から支持されている魅力があり、都市のイメージが確立されている。
○一方で、名古屋市の魅力としては、「食べ物がおいしい」が最も認知されているが、約 5 割にとどまっており、横浜市とともに都市イメージが十分に確立されていないといえる。

都市名 最も高かった理由
札幌市: 食べ物がおいしい(76.9%)
東京区部: 都会的だ(69.6%)
横浜市: おしゃれなお店がある(53.9%)
名古屋市: 食べ物がおいしい(52.5%)
京都市: 歴史がある(91.4%)
大阪市: 活気がある(69.5%)
神戸市: おしゃれな店がある(70.4%)
福岡市: 食べ物がおいしい(72.5%)


【調査概要】
・目的:国内主要 8 都市それぞれのシビックプライドや魅力度合、名古屋に対して抱かれている魅力やイメージ、効果的なプロモーションに活用可能な媒体を把握するために実施
・調査対象:札幌市、東京 23 区、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市に在住する 20~64 歳で、かつ、各都市の在住年数が 5 年以上の男女
ネットリサーチ会社のネットリサーチシステムを利用し、各都市418 サンプル
・調査期間:平成 28 年 6 月 1 日~6 月 6 日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP