健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2016年度版 

2016年11月18日
インテージは、生活者視点での健康食品・サプリメント市場の実態把握を目的にした調査を、2016年8月26日~9月3日にインテージ・ネットモニター“マイティモニター”※1を対象に実施し、その結果をまとめた『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2016年度版』を11月21日に発行します。

2015年4月に機能性表示食品制度が施行されて以降、従来のトクホ、栄養機能食品では限られていた商品分類、ヘルスクレームが、届出を経て次々に市場に登場してきています。これまで健康食品・サプリメントに代表されてきた機能・効果を期待して摂取するいわばヘルスケアフーズ市場は、その周辺領域である食品、飲料分野へと拡大中といわれていますが、これまでこの新たな市場をきちんと捉えられて来ませんでした。他方、生活者の健康対処意識高位にありながら、今回の調査結果が示すように、従来からの健康食品・サプリメント市場は横ばいとなりました。つまり、のびしろはその周辺市場に拡がっていると考え、今回はこれまで通りの健康食品・サプリメント市場把握に加え、食品・飲料市場におけるヘルスケアフーズ市場の概観について可視化を試みました。

当レポートでは、従来通り、健康食品・サプリメントの利用目的(ヘルスベネフィット)を分類し、46の分類(カテゴリ)ごとの利用者層や購入理由・使用実態、顕在・潜在市場規模等の把握が可能です。また68種類の機能性原料(素材・成分)について生活者の認知度・効能理解度をみる「原料ブランディング」の視点もこれまで通り盛り込んでいます。
さらに新設のヘルスケアフーズ市場調査のパートでは、拡がるヘルスケアフーズ市場の市場規模を初めて推計した他、ヘルスベネフィットを20に集約し、それらヘルスベネフィットごとの食品・飲料をはじめとする周辺分野の摂取実態、そして具体的な品目との関連を見ることで、かねてより認識はされながら可視化できていなかったこの新市場におけるポテンシャルとしてとりまとめています。

■『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2016年度版』トピックス

◎ヘルスケアフーズ市場

・ふだん健康について関心がある、気にかけている人は84%、何らか健康を意識して食べたり飲んだりしている人は43%、年代が上がるにつれてその割合は増加

・10代から70代までを男女別に比較すると、女性は47%からほぼ等差級数的に70代の72%まで上昇、男性は10代の35%から30代の50%まで上昇、40~50代でほぼ停滞し、60代から61%、70代の68%まで再上昇

・健康を意識した飲食では、一般的な食品飲料が48%と最も多く、次いで一般的な健康食品やサプリメ ントが37%、生鮮食品が25%

・健康維持/体力増進のヘルスベネフィットに対し特徴的に摂取しているのは生鮮食品、美肌・肌ケアは一般的な健康食品・サプリメント、疲労回復は市販医薬品

・健康意識による摂取割合が高い食品・飲料の品目は、納豆(38%)、米・米飯類(37%)、ヨーグルト(36%)がトップ3

・疲労回復について特徴的な摂取品目はチョコレート、脳機能の維持・改善については魚介類缶詰、抗酸化・老化の予防についてはオリーブオイル


◎健康食品・サプリメント市場

・2016年度の日本の健康食品・サプリメント市場規模(弊社推計)は1兆5,716億円で、対前年0.4%の微減

・2016年度の健康食品・サプリメント利用者数(弊社推計)は5,784万人で、対前年0.5%の微増

・2016年度の1人当たり平均購入金額は27,169円で、対前年244円の微減

・2016年度の健康食品・サプリメントの市場規模をヘルスベネフィット別にみると、最も大きいのが「健康維持・増進」、 次いで「美肌・肌ケア」、 「目の健康」、「疲労回復」と続く



【調査の概要】
目的:
○ 生活者自身の利用目的による健康食品・サプリメントの分類(カテゴリ)の把握
○ カテゴリ毎の、顕在市場・潜在需要規模の把握
○ カテゴリ毎のユーザー層
○ カテゴリ毎のバイイングファクター(購入および使用の実態や意識)の把握
○ 原料(成分・素材)の浸透状況や効能理解の把握

<生活者に対する健康に関する意識・実態調査>
・調査対象:マイティモニター(15~79歳の男女)
・対象者条件:日本全国の生活者
・調査方法:インターネット調査
・調査実施時期:2016/8/26~9/1

<健康食品・サプリメントの現使用者に対する、健康食品の購入および使用の実態・意識に関する調査>
・調査対象:マイティモニター(15~79歳の男女)
・対象者条件:健康食品・サプリメントの現使用者
・調査方法:インターネット調査
・調査実施時期:2016/9/2~9/7

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP