「旅行の思い出の残しかた」に関する調査(19~79歳の男女対象) 

2016年11月18日
DeNAトラベルは、メールマガジン会員である19~79歳の男女519名を対象に「旅行の思い出の残しかた」に関する調査を実施しました。

【調査結果概要】

【調査1:旅行の思い出を記録に残したいと思いますか?】
旅行の思い出を記録に残したいと思いますか?という問いには、「思う」と返答した人が全体の94.8%にものぼり、「思わない」と回答した人はわずか5.2%という結果から、旅行に行ったほとんどの人が思い出を記録に残したいと思うことがわかりました。

【調査2:旅行に行く際に持っていく記録グッズは何ですか?(複数回答)】
旅行に行く際に持っていく記録グッズは何ですか?の問いには、1位「スマートフォン」(76.3%)、2位「デジタルカメラ」(68.6%)が、3位の「ノート」(14.8%)を大幅に上回る結果となり、紙よりデジタルで記録に残す傾向が強いようです。

【調査3:何を記録することが多いですか?(複数回答)】
男女ともに1位は「自然の景色」(84.8%)という結果になりました。
男女別の結果をみると、男性と女性では2位と3位の結果が入れ替わり、女性の2位が「食べ物」(82.9%)であるのに対し、男性は「食べ物」(62.9%)が3位という結果になりました。
食べ物に対する興味の差の現れでしょうか。

【調査4:記録をした後の行動で当てはまるものはどれですか?(複数回答)】
記録をした後の行動で当てはまるものはどれですか?の問いには、女性1位「SNSにアップ」(42.5%)、2位「整理のみ」(23.3%)、3位「プリントアウト」(22.7%)という結果となり、男性の1位「整理のみ」(32.0%)、2位「プリントアウト」(28.4%)、3位「SNSにアップ」(22.8%)と比較すると、SNSにアップするのは、圧倒的に女性だということがわかりました。4位には男女ともに「アルバムを作成(紙)」(19.8%)が入りました。

【調査5:自身の旅行を何かしらの方法で投稿もしくは共有したことがありますか?】
女性が「ある」(65.5%)と回答したのに対し、男性は「ない」(54.8%)と回答した人が多く、男性より女性の方が自身の旅行を何かしらの方法で投稿や共有する傾向にあるようです。

【調査6:【Q5であると回答した方のみお答えください】なぜ、投稿もしくは共有したのですか?】
投稿もしくは共有したことがある人に理由をお聞きすると、男女の結果に差がありました。
女性の1位「日記やアルバムの代わりの記録として」(23.0%)、2位「思い出を残すため」(17.4%)から女性は自分用の記録としての投稿や共有することが多く、男性は「情報提供の手段として」(15.2%)が1位となった結果から、他人に向けて投稿・共有することがわかりました。

【調査7:【Q5でないと回答した方のみお答えください】なぜ、投稿もしくは共有しないのですか?】
男女ともに、1位「面倒くさいから」(17.5%)、2位「個人情報だから」(12.7%)、3位「自慢していると思われたくないから」(5.2%)という結果になりました。

【調査8:他の人の旅行先からのSNS投稿を見てどう思いますか?】
男女ともに、1位は「参考にしようと思う」(59.2%)、2位「楽しい気分になる」(39.5%)という結果となり、他の人のSNS投稿に対し、素直な感想をもっていました。
反面、女性3位の「羨ましい」(21.4%)は他の人のことが気になり、男性3位「なんとも思わない」(41.1%)は他人のことは気にしない印象を受けます。


【調査概要】
調査タイトル:「旅行の思い出の残しかた」に関するアンケート調査
調査対象:19~79歳の男女519名
調査期間:2016年11月2日(水)~11月6日(日)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社DeNAトラベル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP