「購買行動とインターネット上のクチコミ情報の関係性」に関する調査(女性対象) 

2016年11月16日
サイバー・バズは、Ripre会員の女性ユーザーに対して行った、「購買行動とインターネット上のクチコミ情報の関係性」に関する調査結果を、2016年11月16日に発表いたしました。
アンケート調査期間:2016年10月22日(土)~2016年10月25日(火)

【調査トピックス】

●女性が商品購入の際に最も参考にするインターネットメディアは、クチコミサイト。

●クチコミサイトにおいては、商品レビューの本文内容の影響力が最も大きく、ランキング・平均レビュー点数よりも「具体的な体験談・使用感」などが注目される傾向に。

●購入においては、ポジティブ、ネガティブなレビューからトータルで判断。


【調査結果】

 本調査では、世の中にあふれる大量のクチコミ情報の中から、生活者がどのような情報を取捨選択して商品購入の参考にしているのかを調査すべく、20代~60代の女性874人に対して、「購買行動とインターネット上のクチコミ情報の関係性」についてアンケート調査を実施いたしました。

 まず、「商品を購入する際に最も参考にするインターネットメディアを教えてください。(複数回答)」と尋ねたところ、「クチコミサイト(アットコスメ、食べログ など)」と回答した方が最も多く(全体の89%)、次いで「企業の公式サイト」(全体の58%)、「Instagram」(全体の40%)という回答結果になりました。

【問1】商品を購入する際に最も参考にするインターネットメディアを教えてください。(複数回答/N=874人)

 次に、【クチコミサイト】を選んだ方に「クチコミサイトの中でチェックする箇所をすべて教えてください。(複数回答)」と尋ねたところ、「商品レビューの本文内容」(全体の94%)と回答した方が最も多く、次いで「商品レビューの平均点」(全体の71%)、「商品ランキング」(全体の65%)の順に回答した方が多い結果となりました。

【問2】【クチコミサイト(アットコスメ、食べログなど)】を選んだ方に質問です。
クチコミサイトの中でチェックする箇所をすべて教えてください。(複数回答/N=777人)

 さらに、【商品レビューの本文内容】を選んだ方に「その中で購入に影響を与えた情報をすべて教えてください。(複数回答)」と尋ねたところ、「商品レビューの本文内容そのもの(具体的な体験談・使用感など)」(全体の99%)と回答した方が最も多く、次いで「商品レビューの投稿件数」(全体の54%)という結果となりました。

【問3】【商品レビューの本文内容】を選んだ方に質問です。その中で購入に影響を与えた情報をすべて教えてください。(複数回答/N=734人)

 最後に、「商品レビューの本文内容そのもの(具体的な体験談・使用感など)」を選んだ方に「ポジティブな内容」「ネガティブな内容」どちらを参考にしますか。(単一回答)」と尋ねたところ、「どちらの内容も均等に参考にする」と回答した方が他回答を大きく上回る結果となりました。

【問4】【商品レビューの本文内容そのもの(具体的な体験談・使用感など)】を選んだ方に質問です。「ポジティブな内容」「ネガティブな内容」どちらを参考にしますか。(単一回答/N=723人)

 以上の結果から、商品購入の際に女性が参考にする情報元として、クチコミサイトが最も利用されていることがわかりました。また購入を検討する際には、ランキングや平均レビュー件数よりも、クチコミサイトのテキスト内容(ポジティブな内容・ネガティブな内容含め)の方が注目されていることから、リアルな体験談・使用感が商品購入に影響するといえそうです。


【調査概要】
調査主体:株式会社サイバー・バズ
調査内容:「購買行動とインターネット上のクチコミ情報の関係性」の実態調査
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:インフルエンサーネットワークサービスRipre会員登録者
調査期間:2016年10月22日(土)~2016年10月25日(火)
有効回答数:874サンプル
【年代割合】20代:18.7%、30代:46.1%、40代:28.4%、50代:6.1%、60代:0.7%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP