「夫婦・結婚生活の実態」に関する調査(20歳~69歳の男女対象) 

2016年11月17日
クロス・マーケティングは、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「夫婦・結婚生活の実態」に関する調査を実施しました。

【調査結果(一部抜粋)】

結婚生活の円満度では「円満だと思う」(85.1%)となり、ほとんどの夫婦が円満と感じていることがわかった。円満な結婚生活のための心掛けでは「会話をよくする」(63.9%)が最多。次いで「食事を一緒にする」(44.5%)、「お互い一人になる時間や空間を作る」(37.7%)となり、互いのコミュニケーションを重視しながらも一人でも楽しめる気持ちを持つことが円満のポイントであることがうかがえる

11月22日に提唱されている『いい夫婦の日』の認知度は「知っている」(79.8%)と約8割が『いい夫婦の日』を認知。当日のお祝いについては「一度もお祝いをしたことがない」(73.3%)が最多となった

離婚の危機があったかどうかでは「離婚の危機があった」(29.7%)と約3割に離婚の危機があったことが判明。その原因としては「ささいな揉め事の積み重ね」や「浮気をされた」、「育児に協力的でない」などが挙げられた


【調査概要】
調査手法: インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域: 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象: 20~69歳の男女
調査期間: 2016年11月11日(金)~2016年11月13日(日)
有効回答数: 1,000サンプル(既婚者1,000サンプル/未婚者500サンプル)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP