旅行先のバリアフリー対応に関しての調査(足腰に不安を抱える方やその家族、友達を対象) 

2016年11月16日
リクルートライフスタイルが企画・編集を行う旅行情報誌『じゃらん』は、足腰に不安を抱える方やその家族、友達を対象に、旅行先のバリアフリー対応に関して調査を実施しましたので、その概要をお知らせいたします。

【調査概要】

◆足腰に不安を抱えている人の91.7%は旅行したいが、約半数が旅行をあきらめている
旅行に行きたいと答えた人は全体の91.7%。そのうち実際に旅行している人は約半数(57.0%)。
残りの半数は旅行をしたくても、行けていない・計画を立てていないということがわかった。

◆足腰が不安な方の94.7%の方は、ネットや本に記載されている情報だけでは情報不足と回答
旅行の障壁のTOP3に「観光地がバリアフリー対応しているかわからない」がランクイン
足腰が不安な方の94.7%の方は、ネットや本に記載されている情報だけでは情報が不足していると回答。

また、旅行の障壁となっていることとして、「体調に不安がある」「目的地までの移動が難しい」に次ぎ、「観光地がバリアフリー対応しているかわからない」であった。他にも6位「対応してくれる宿(設備面、従業員の対応など)を探すことが難しい」、10位「宿の内部構造がわからない」と長時間過ごす宿の設備や構造について、情報が不足していることがうかがえる。
さらに、事前に宿の下見を希望する人は76.3%となり、足腰が不安な方にとって宿の詳細な情報は必要であることがわかった。

旅行の障壁となっているものがあれば、いくつでもお知らせください(N=300、複数回答)
上位10位

1 体調に不安がある 40.0%
2 目的地までの移動が難しい 35.0%
3 観光地がバリアフリー対応しているかわからない 34.0%
4 温泉・お風呂に入ることが難しい 33.0%
5 気を遣う 32.3%
6 対応してくれる宿(設備面、従業員の対応など)を探すことが難しい 29.7%
7 移動中のトイレに困る 28.0%
8 旅行中に緊急事態が起きることが不安 24.3%
9 連れて行くことが疲れる 22.7%
10 宿の内部構造がわからない 21.7%


【調査概要】
「バリアフリー旅行調査」
調査方法:インターネット調査
調査時期:2016年9月3日(土)~9月4日(日)
調査対象:本人、または家族、友人・知人が、足腰が不自由な「身体障がい者」「要介護状態」である男女20歳~79歳
有効回答数:300人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP