スマートフォンの業務利用動向調査(20歳~49歳のスマートフォンを所有するビジネスパーソン対象) 

2016年11月17日
MMD研究所は、20歳~49歳のスマートフォンを所有するビジネスパーソン1,108人を対象に2016年11月2日~11月3日の期間で「スマートフォンの業務利用動向調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】

■ 勤務先からのスマートフォン支給率は14.7% 支給されているスマートフォンのOS、iOSが69.9%、Androidが30.1%

■ 私物スマートフォンの業務利用は56.4%、毎日利用しているアプリ「LINE(22.5%)」「メール/SMS(22.3%)」「電話(21.4%)」が上位

■ 私物スマートフォン業務利用者の60.6%が「セキュリティ対策をしていない」と回答

■ 私物スマートフォンを業務利用する上での不安、「メールやチャットの誤送信(32.8%)」「誤操作の電話(28.5%)」「プライベート情報漏洩(28.0%)」


【調査結果】

■ 勤務先からのスマートフォン支給率は14.7%  支給されているスマートフォンのOS、iOSが69.9%、Androidが30.1%

20歳~49歳のスマートフォンを所有するビジネスパーソン1,108人を対象に現在の勤務先からのスマートフォン支給について聞いたところ、支給されていると回答した人は14.7%だった。続いて支給されているスマートフォンのOSを聞いたところ、「iOS」が69.9%、「Android」が30.1%だった。

■ 私物スマートフォンの業務利用は56.4%、毎日利用しているアプリ「LINE(22.5%)」「メール/SMS(22.3%)」「電話(21.4%)」が上位

勤務先からスマートフォンを支給されていない人(N=945)に、自身の私物スマートフォンを業務に利用しているかを聞いたところ、「よく利用している」が24.8%、「時々利用している」が31.6%と合わせて56.4%の人が私物のスマートフォンを業務に利用していることがわかった。

私物のスマートフォンを業務利用していると回答した人(N=533)を対象に、利用しているサービス・アプリの利用頻度を5段階で聞いたところ、「ほぼ毎日使っている」という項目で最も利用が多かったサービス・アプリは「LINE」で22.5%、次いで「メール/SMS」が22.3%、「電話」が21.4%となった。

■ 私物スマートフォン業務利用者の60.6%が「セキュリティ対策をしていない」と回答

私物のスマートフォンを業務利用していると回答した人(N=533)を対象に、業務利用している私物のスマートフォンにセキュリティ対策をしているかという質問をしたところ、「対策をしている」と回答した人が39.4%、「対策をしていない」と回答した人が60.6%だった。

■ 私物スマートフォンを業務利用する上での不安、 「メールやチャットの誤送信(32.8%)」「誤操作の電話(28.5%)」「プライベート情報漏洩(28.0%)」

私物のスマートフォンを業務利用していると回答した人(N=533)を対象に、私物のスマートフォンを業務に利用することに関して感じる不安や心配事を複数回答で聞いたところ、「心配や不安はない」が35.8%という回答が多かった。不安や心配事については、「メールやチャットの誤送信」が32.8%と最も多く、次いで「誤操作で電話をかけてしまう」が28.5%、「勤務先にプライベート情報が漏洩すること」が28.0%となった。


【調査概要】
調査期間:2016年11月2日~11月3日
有効回答:1,108人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する20歳から49歳のビジネスパーソン

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP