2016年度上期 携帯電話端末出荷と契約数の推移・予測 

2016年11月10日
MM総研は2016年度上期(2016年4月~2016年9月)の国内携帯電話端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。2000年度の統計調査開始以来、半期としては過去最低の1,518.8万台(前年同期比10.9%減)となった。以前の過去最低は2014年度上期の1,578万台(SIMロックフリーを含まない)。

※1:2016年度上期携帯電話端末出荷に含まれる端末
① 従来型携帯電話(以下、フィーチャーフォン。Android OSの二つ折り端末を含む)
② スマートフォン(大手キャリア+SIMロックフリー)。大手キャリアは以下、MNOと記載
 MNO出荷:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル含む)の3社4ブランド向け出荷端末
 SIMロックフリー:MNO以外が取り扱う端末(メーカー直販やメーカーからMVNO・量販店・代理店等を経由して販売)。以下、SIMフリーと記載
③ 総出荷台数(①+②)

【調査結果】

■ スマートフォン出荷台数は1,216.8万台(8.4%減)、スマートフォン出荷比率は80.1%

■ Appleが617.9万台で半期別シェア10期連続1位。スマートフォンシェア50.8%

■ SIMロックフリースマートフォンは前年同期比1.8倍の119.8万台

■ 2016年度通期は総出荷台数3,560万台、うちスマートフォン2,900万台で共に微減

■ SIMロックフリースマートフォンは2020年度に530万台に拡大と予測

■ 2018年度にはスマートフォン契約数1億件を突破へ


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP