女性の髪と色気の相関関係に着目した印象調査(20代~40代女性対象) 

2016年11月14日
資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI(ツバキ)」は、対人心理の専門家である、立正大学 心理学部名誉教授の齊藤勇氏監修のもと、日本全国在住の20代~40代の女性600名を対象に、女性の髪と色気の相関関係に着目した印象調査を実施いたしました。

 その結果、 「色気が欲しい」と答える女性は76.5%も存在する一方で、周囲から「色気がある」と言われる女性は2割以下となっており、色気は女性が求める大きな要素であることが分かりました。そこで、周囲から「色気があると言われる女性」と「色気があると言われたことがない女性」の違いに着目。すると、色気があると言われる女性は、色気を異性からモテる事ではなく“自分自身の自信や知性”、すなわち“人間的魅力”と捉えていました。さらに興味深い結果として、“髪”への注目度が高く、特に“髪の艶”そのものに着目していることもわかりました。この結果を受け、女性が考える今どきの色気とは「自信・知性・髪の艶」であることが判明しました。

《調査結果のポイント》

■「色気が欲しい」と答える女性は7割超え!
しかし、周囲から「色気がある」と言われる女性は2割以下

■「色気がある」と言われる女性と言われたことがない女性は何が違う?
内面的・外見的な捉え方や着目ポイントの違いが明らかに
 - 「色気がある」と言われる女性は 、色気を「自信・知性」と認識
 - 「髪」への着目度は、約20%も差があることが明らかに!

■色気があると言われる女性は、なぜ髪に着目するのか?
それは“髪の艶“がポイントだった!

《調査結果》

《「色気が欲しい」と答える女性は7割超え! しかし、周囲から「色気がある」と言われる女性は2割以下》

 調査によると、「色気が欲しい」と答える女性は76.5%も存在し、色気は女性が求める大きな要素であることがわかりました。しかし、その反面で色気があると言われたことがあるかを尋ねると、「同性からある」と答えた人は21.5%、「異性からある」と答えた人は24.2%、「同性・異性両方からある」と答えた人は18.5%と、わずか2割程度に留まる結果となりました。

《「色気がある」と言われる女性と言われたことがない女性は何が違う? 内面的・外見的な捉え方や着目ポイントの違いが明らかに》

■「色気がある」と言われる女性は、色気を「自信・知性」と認識
 そこで、「女性の色気」を構成する要素が何かを尋ねたところ、周囲から色気があると言われる女性と、言われたことがない女性とでは、「女性の色気」に対する認識が違うことが判明しました。
 色気があると言われる女性は「自信」や「知性」など、内面に秘めた女性の知的要素を上位に挙げています。 一方で言われたことがない女性は、「色気の正体がよく分からない」がトップになり、次いで「異性からモテること」のポイントが高くなっています。「色気は異性からモテることではない」という認識の違いが調査によって明らかになりました。

■「髪」への注目度は、約20%も差があることが明らかに!
 色気があると言われる女性*1、言われたことがない女性*2に「外見的に女性の色気を感じるパーツ」はどれかを挙げてもらうと、1位は両者とも「口」(色気があると言われる女性:81.1%/言われない女性:71.6%)ですが、 2位は前者が「髪」(71.2%)、後者は「目」(62.0%)という結果に。「髪」への注目度については、前者は71.2%である一方、後者は53.3%と、「髪」への注目する度合いは、色気があると言われる女性の方が約20%近くも高いことが調査によりわかりました。

《色気があると言われる女性は、なぜ髪に着目するのか? それは“髪の艶”がポイントだった!》

 そこで、髪の注目度を検証するために、“ノーメークで艶のある髪“と”フルメークで艶のない髪”を見せ、どちらが色気があるかを調査しました。その結果、ノーメークで艶のある髪に色気を感じると回答した人は67.2%でした。そこで具体的にどの要素に色気を感じるかを挙げてもらうと、全体では“髪の艶“が約5割(48.9% n=548)でトップになりました。中でも、色気があると言われる女性*1は57.7% 、言われたことがない女性*2は46.7%と、艶への注目度に約10%も差が出る結果となりました。
 ちなみに、艶のある髪と艶のない髪を後ろ姿で比較すると、その差はさらに開き、艶のある髪に色気を感じると答えた人は87.2%(n=548)という結果になり、髪の中でも特に「艶」への注目度が高いことが分かりました。
 艶は、一般的に髪に限らず口の「唇のうるおい感」、目の「うるうる感」、肌の「内側からのみずみずしいうるおい感」等、一般的にうるおいそのものが艶を創出し、その艶が色気を醸成します。中でも髪は部位の面積も広く、その人の第一印象を決定する重要なパーツでもあるため、髪の艶は特に大事な要素といえます。
*1 n=111
*2 n=437


[調査概要]
調査期間:2016年8月24日(土)~25日(日)
調査地域:全国
有効回答数:600件
調査方法:インターネットリサーチ
性/年代:女性/20歳~49歳
年代別割付:各世代200名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP