モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度) 

2016年11月02日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■「メイン使いはLINE」だが、「普段会わない昔の同級生にはFacebook」を使う
複数のSNSを意識して使い分けていると答えたスマートフォンユーザーに、相手との関係性ごとに使用しているSNSを聞いたところ、「本音で語れる親友やパートナー」(69.1%)、「趣味が合う友人や知人」(48.1%)、「あまり普段は会わない昔の同級生」(31.1%)、「職場の上司や学校の先生」(29.8%)、「ビジネス上の取引先や顧客」(18.3%)にはLINEが最も使われ、メインのSNSとして使われていることがうかがえました。また、「あまり普段は会わない昔の同級生」には、30代以上はLINEよりもFacebookを利用する人が多く、30代は38.9%、40代は36.8%、50代は34.9%、60代は39.1%と、同窓会の連絡用として使われているのかもしれません。

■Facebookの利用を休止した人の約7割は、「もう再開しない」
Facebookの利用を休止した人※のうち、今後も利用を再開する可能性がないと答えた人は70.1%でした。
※「以前は利用していたが今は利用しておらず、利用を再開する予定もない」と 「一時的に休止しているが今後利用を再開する可能性がある」の合計。

■Twitterのタイムラインに流れる広告、4割が「不快感」
SNSユーザーのうち、タイムラインに流れてくる広告に「不快感を抱くことがある」※と答えた人は、「Facebook」の場合は36.5%、「Instagram」が23.0%、「Twitter」が40.4%でした。
※「時折不快感を抱くことがある」「不快感を抱くことが多い」の合計

■10代が「人に見てほしいアイテム」を投稿するSNSは、1位「Twitter」、2位「Instagram」
10代のスマートフォンユーザーが「人に見てほしいアイテム」を投稿するときに使用するSNSは、「Twitter」が最も多く(50.0%)、次いで「Instagram」(22.0%)でした。

■約7割が、ガラケーを生産中止にするなら料金を見直してほしい
以前、2017年以降に生産中止になると報道があった「ガラケー(従来型携帯電話)」について、68.2%の人が「生産中止にするなら携帯料金をもっと見直してほしい」と考えていることがわかりました※。
※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。


【調査概要】
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年10月度)』
調査期間:2016年10月27日(木)~10月31日(月)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP