転職活動の企業選びに関するアンケート調査(20代のキャリアトレック会員対象) 

2016年10月31日
ビズリーチが運営する転職サイト「キャリアトレック」は、20代のキャリアトレック会員に転職活動の企業選びに関するアンケートを実施しました (回答者:326名)。

その結果、転職活動の企業選びの項目として「よく知られた有名企業」であることについては6割が「重視しない」と回答し、9割以上が「従業員との相性」を「重視する」、8割以上が「ビジョンや事業戦略への共感」を「重視する」と回答しました。20代は転職先を選ぶときに、企業ブランドや知名度に関わらず、自分との相性を見極めたいと考えていることが多いと分かりました。
また、転職活動を通じて「企業に抱いていた印象が変化した経験がある」とする回答は6割で、その多くが面接官や社員に会ったことがきっかけとなっていると回答しています。

【調査結果】

■会社の「知名度」より、「従業員との相性」や「ビジョンや事業戦略への共感」を重視
その他、転職活動で重視する項目としては、「従業員との相性」「ビジョンや事業戦略への共感」に加えて、8割以上が「裁量権が大きくやりたい仕事」であることを挙げています。
本アンケート結果や理想のキャリアに関するフリー回答*1 から、20代は企業の知名度やステータスにとらわれず、自分らしさを発揮できる職場環境で、やりがいを感じられる仕事に取り組みたいと考えていることが伺えます。

■転職活動を通じて、企業に抱いていた印象が変化したという回答は6割。社員とのコミュニケーションがきっかけに
アンケート回答者の6割は、転職活動を通じて、企業に抱いていた印象が変化しており、そのきっかけの多くが社員や面接官など、実際に働いている社員とのコミュニケーションであるとしています。スタートアップ企業やベンチャー企業では、採用面接だけではなく、候補者や転職潜在層とのカジュアルな接点を増やすための「面談」や、「オフィスツアー」に取り組むケースも増えていますが、20代の採用活動においては特に、社員と接点を増やしながら、企業のイメージややりがいを正しく伝えることが重要であることが分かりました。

■「理想のキャリア・仕事・働き方」に関するフリー回答 (*1)
「理想のキャリア・仕事・働き方」を自由に回答していただいたところ、以下のようなコメントがありました。20代にとっての理想は、一緒に働く仲間とのコミュニケーションを重視しながら、自分らしさを発揮できることのようです。

<フリー回答より一部抜粋>
・圧迫感のない、風通しの良い社風。若い人でも活躍しやすい環境で働くこと。(25~29歳/女性/広告・マスコミ・エンタメ/営業)
・会社に縛られず、自分の考えを主張し業務へ反映できる。また、周囲とチーム戦で働くことができる。(20~24歳/女性/商社・流通・小売・サービス)
・人との関係を大事にしながら働けること。(25~29歳/男性/医薬・医療・メディカル/専門職)
・個性を生かす企業文化であること。窮屈に感じることがない社風のなかで働ける。(25~29歳/男性/人材/営業)
・自分の価値観や信念に背くことなく、自分の持っている力を最大限発揮したい。(25~29歳/女性/IT・インターネット/その他)
・ざっくばらんに社員同士で話ができ、担当するプロジェクトにも自信がもてる仕事。(30~34歳/男性/広告・マスコミ・エンタメ/コンサルタント)
・努力、チャレンジをして、成長していける仕事。(25~29歳/男性/ホテル、飲食/販売)
・情熱を注げる仕事。(20~24歳/男性/商社・流通・小売・サービス)


【調査概要】
・アンケート対象:20代のキャリアトレック会員
・調査期間:2016年9月5日~9月12日
・回答件数:326件
・年齢:20~24歳 31%、25~29歳 69%
・性別:男性 51%、女性 49%
・職種:IT・インターネット 21%、メーカー 12%、コンサルティング 5%、商社・流通・小売・サービス 23%、広告・マスコミ・エンタメ 8%、金融・不動産・建設 10%、医薬・医療・メディカル 6%、インフラ・公共 4%、その他 11%
・転職回数:0回 58%、1回 25%、2回 10%、3回 5%、4回 1%、5回以上 2%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP