第31回転職世論調査(2015年12月~2016年5月に転職を実現された対象) 

2016年10月28日
リクルートキャリアは、転職を実現したビジネスパーソン3,906名を対象に「第31回転職世論調査」を行いました。この調査は「何を求めて転職に踏み出すのか?」「転職先を選択する際の最優先項目は?」など、転職活動全般にわたる、その時々の意識や行動の決め手となったものを調査したものです。

【調査結果】

Q2-1.あなたがいまの会社で仕事を継続するために、以下の項目はどれくらい重要となりますか?
それぞれの項目についてお答えください。(単一回答)
■【仕事内容の適合性】【上司との人間関係】【同僚や部下との人間関係】は、男女ともに重要だと考えている割合が高い。
 「極めて重要だ」+「重要だ」の計でみると、男女ともに各項目75%を超える。
■【勤務時間の柔軟性】【オフィス環境の整備】は、女性のほうが重要と考えている割合が高い。
 「極めて重要だ」+「重要だ」の計でみると、両項目とも女性は男性より約14ポイント高い。

Q2-2.あなたがいまの仕事でより力を発揮する条件として、以下の項目をどれくらい重視しますか?
それぞれの項目についてお答えください。(単一回答)
■【仕事内容の適合性】は、男女ともに重視する割合が高い。
 「極めて重視する」+「重視する」の計でみると、男性が87.3%、女性が90.0%。
■【勤務時間の柔軟性】【勤務場所の柔軟性】【教育や福利厚生の充実】は、女性のほうが重視する割合が高い。
 「極めて重視する」+「重視する」の計でみると、各項目において女性は男性よりそれぞれ10ポイント以上高い。

Q2-3.あなたがより力を発揮する条件として重視するとした項目について、面接などの転職活動中に転職先企業にどれくらい相談したり、要望したりすることができましたか?(単一回答)
■「ある程度は伝えることができた」が最も高く、男性が64.6%、女性が65.3%。

Q2-4.転職先企業とのコミュニケーションの結果、満足できる条件で契約を結べましたか?(単一回答)
■「ある程度満足できる条件だった」が最も高く、男性が66.7%、女性が67.1%。

Q3-1.あなたが転職活動を始めた理由を教えて下さい。(複数回答)
■「会社の将来に不安を感じて」が最も高く46.6%。
 次いで「年収アップ」が35.6%、「時間的・精神的なゆとりを求めて」が32.0%と続く。

Q3-2.あなたが転職活動を始めた理由の中で最も強い理由をひとつお選びください。(単一回答)
■男性では「会社の将来に不安を感じて」が最も高く18.0%。
 女性では「時間的・精神的なゆとりを求めて」が最も高く21.8%。

Q3-3.どのような点に不安を感じましたか?(複数回答)
■「経営者の資質や経営手腕に問題があると感じた」が最も高く72.9%。次いで「業績の悪化」が60.7%、「自己都合による退職者が相次いだこと」が43.0%と続く。

Q4.今回の転職活動では何社応募されましたか?具体的に応募した社数をご記入ください。
■全体の平均応募社数は17.88社。
■男女とも「10社」という回答が最も高く男性が16.8%、女性が17.1%。
 平均応募社数は男性が18.17社、女性が16.92社。

Q5-1.あなたが転職先を選ぶ際の優先項目を教えてください。(複数回答)
■全体の約6割が「年収額」と「勤務地」を優先していると回答。
次いで「社風や職場の雰囲気」「企業の規模や安定性」「企業の将来性」「休日休暇」「待遇・福利厚生」を優先しているとの回答が5割前後で続く。

Q5-2.転職先を選ぶ際の最優先項目を教えてください。(単一回答)
■Q5-1の複数回答結果では8番目だった「やりたい仕事があったから」が、単一回答では最も高く22.7%。次いで「社風や職場の雰囲気」12.9%、「年収額」11.9%と続く。

Q6-1.実際に転職した会社の<入社の決め手>は何ですか?(複数回答)
■男性では「やりたい仕事ができる」が最も高く54.1%。
 女性では「勤務地・勤務時間など勤務条件がよい」が最も高く54.1%。

Q6-2.入社の決め手の中で、最も決め手となったことは?(単一回答)
■「やりたい仕事ができる」が最も高く33.0%。次いで「給与・福利厚生など待遇が良い」が12.9%と続く。

Q7.転職の際の具体的な年収へのこだわりを教えてください。(単一回答)
■回答者の4割近くが年収アップを希望している。
■「現状維持でOK」が37.2%。

Q8.転職した会社の内定時に提示された年収について教えてください。(単一回答)
■「前職よりは上がった」が50.8%。「前職よりは下がった」が32.5%。
■「前職よりは上がった」との回答は、男性が女性を2.6ポイント上回る。

Q9.転職で最も苦労したことを教えてください。(単一回答)
■男性トップ3は、「自分の条件に合う求人が少なかった」21.0%、「自分の希望に見合う求人が少なかった」19.3%、「転職活動のための時間の捻出が難しかった」15.7%。
■女性トップ3は、「自分の希望に見合う求人が少なかった」31.2%、「自分の条件に合う求人が少なかった」17.1%、「自分の適職がわからず選択できなかった」10.6%。

Q10.今回入社した会社に何年在籍すると思いますか。(単一回答)
■男性の51.2%が「できれば定年まで勤めたい」と回答。
 女性は34.1%で、17.1ポイントの開きがある。

Q11.あなたの転職に最も反対した人を教えてください。(単一回答)
■「反対者はいなかった」が59.7%。
■「反対者」の中では「上司」がトップで22.2%。

Q12.面接において、最も改めて欲しいことを教えて下さい。(単一回答)
■「特にはなかった」が43.6%。
 最も改めて欲しいことのうち最も高いのは「緊張感が高い圧迫面接」で男性が16.8%、女性が16.5%。

Q13.転職後にとまどったことを教えてください。(複数回答)
■「前と今の会社の仕事の進め方等やり方の違い」が最も高く男性が49.4%、女性が47.1%。

Q14-1.転職後に、あなたが感じた「転職して良かったこと」を教えてください。(複数回答)
■転職して良かったことトップ3
・第1位「やりたい仕事・分野を任された」44.0%
・第2位「時間的・精神的なゆとりができた」43.5%
・第3位「年収が上がった」39.4%

Q14-2.「転職して良かった」と感じた中で、最も強い理由をひとつお選びください。(単一回答)
■男性では「やりたい仕事・分野を任された」が最も高く26.7%。
 女性では「時間的・精神的なゆとりができた」が最も高く27.1%。


【調査概要】
・実施期間:2016年9月28日(水)~10月5日(水)まで
・対象:株式会社リクルートキャリアの転職エージェントサービス<リクルートエージェント>の登録者で、何らかの手段で2015年12月~2016年5月に転職を実現された3,906名のうち回答者713名(回答率18.3%)
・方式:webを使ったアンケート

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP