ミドルの「転職後の年収」調査(転職コンサルタント対象) 

2016年10月27日
エン・ジャパンが運営するミドル世代の転職活動を支援する転職サイト『ミドルの転職』上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「転職後の年収」についてアンケートを行ない、138名から回答を得ました。

【調査結果概要】

★ 約6割の転職コンサルタントが、人材紹介サービスを通じたミドルの転職は年収が上がる方のほうが多いと回答。
★ 転職後に年収が上がることが多いのは「日系企業から外資系企業の転職」。一方、下がることが多いのは「大手企業から中小企業への転職」。
★ 年収が上がる方が評価されるのは「専門スキル」。

【調査結果詳細】

1:約6割の転職コンサルタントが、人材紹介サービスを通じたミドルの転職は年収が上がる方のほうが多いと回答。

転職支援のプロである転職コンサルタントに、ミドル層の転職で、転職後に現在よりも年収が上がる方と下がる方ではどちらが多いか伺ったところ、58%の転職コンサルタントが「上がる方のほうが多い」と回答しました。人材紹介サービスを通じた転職ではミドル世代の転職においても年収が上がるケースが多いようです。

2:転職後に年収が上がることが多いのは「日系企業から外資系企業の転職」。一方、下がることが多いのは「大手から中小企業への転職」。

ミドルの転職ではどのようなケースで転職後の年収が上がることが多いか伺ったところ、もっともポイントが高かったのは「日系企業から外資系企業への転職」(44%)、「転職後に役職が上がる場合」(44%)でした。一方、年収が下がるケースとして多いのは「大手企業から中小企業へ転職する場合」(71%)でした。

業種と職種、役職については、年収が上がるケース・下がるケースとしていずれも「メーカー」(上がる:40%、下がる:65%)、「営業・マーケティング系」(同:50%、56%) 、「課長クラス」(同:70%、75%)が挙げられました。同じ業種や職種、役職であっても、企業によって年収が上がる場合もそうでない場合もあることがわかります。また、年代については、「30代後半」「40代前半」では上がると回答した方が多いのに対し、「40代後半」以降は、年収が下がると回答した方が多くなっています。

3:年収アップの際に、最も評価されるポイントは「専門スキル」。

年収が上がる方はどのような点を評価される傾向にありますかと伺ったところ、もっとも多かったのは「専門スキル」(81%)という回答でした。年収アップを実現出来るキャリアに関するコメントについても『職歴の中で資格や経験などで、次の転職先に即戦力として判断されるものを持っている』、『業界・職種に特化した豊富な経験とスキルを活かすことが出来る』などが挙げられており、高い専門性を活かして価値を発揮出来るかどうかが重要であることがわかります。

年収アップを実現出来るキャリアに関する転職コンサルタントのコメント
○職歴の中で資格や経験などで、次の転職先に即戦力として判断されるものをお持ちでありながら現職でのキャリアパスが困難な状況にある方(上のポストが埋まっている、役職者の評価軸が不明確など)。また、転職先のクライアントやステークホルダーとなる業界でのご経験が長く、転職先において業務拡大の足掛かりとなるコネクションを持っていらっしゃる方。
○価値ある専門性と経験を有する方。マネジメントであっても自らプランニングし、いつでもハンズオンで仕事が出来る実行能力、実務能力。自ら問題解決に取り組んでいる方。中身のない人任せマネジメントは評価されない。特定で企業長く仕事をしてきた職位の高い方に出現率が高い印象。
○専門領域のスキル及び、業界人脈・業界情報のある方【例えば】(a)職務の一貫性を強調できる方(転職後も、職務の一貫性を保持)(b)経験業界における幅広い人脈を持っている方(自社及び他社の人脈)(c)従事した業界動向・方向性の情報を、常に吸収している方(異業種交流も重要)。
○業界・職種に特化した豊富な経験とスキルを活かし、新規事業の立ち上げや事業戦略企画の実行まで、ハンズオンで行い、高い実績を残してきたようなキャリア。


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『ミドルの転職』を利用する転職コンサルタント
有効回答数:138名
調査期間:2016年8月23日~2016年8月29日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP