「トレンド鍋」に関する調査(20~60代対象) 

2016年10月19日
ぐるなびは、ぐるなびのビッグデータに基づき導き出されたメニューから、ぐるなび会員を対象にした意識調査を経て「トレンド鍋」を決定いたしました。

トレンド鍋のポイント
●ぐるなびビッグデータの結果
・近年の肉ブームからの反動か!? 野菜やヘルシーメニューのキーワードが多く登場
・キーワードより草鍋、せり鍋、パクチー鍋、チーズ鍋、貝鍋、ラクサ鍋をトレンド予測

●ぐるなび会員調査の結果
・肉や魚より60%以上の人が、野菜がメインの鍋料理を好きと回答
・50.8%が「あっさり」の味を好む傾向に
・鍋の良いところ1位は「野菜がたくさん摂れる」69.3%が支持
・「草鍋」を56.7%の人が、食べたいと回答
・20代は60代の約1.5倍「ラクレットチーズ鍋」が好き

 ぐるなびビッグデータでは、2016年11月~12月にピークを迎える鍋や食材メニューを独自のアルゴリズムで分析したところ、近年の肉ブームからの反動か、肉や魚のメニューに比べ野菜をはじめとした健康を意識したメニューが多く登場する結果となりました。この背景には、健康志向の高まりで生活習慣を見直す人が増え、食に対してもヘルシーさを求める傾向がみられます。一方で、一人当たりの野菜の消費量は減少傾向にあります。そんな中、今年に入り外食ではサラダ専門店の出店が相次ぐなど、外食で野菜を食べることが、若い女性を中心に広がりを見せ始めています。ぐるなびは、ビッグデータと会員調査の結果、鍋料理も同様に野菜を好むことから、今年のトレンド鍋を「草鍋」と決定しました。


【調査概要】
調査日:2016年9月30日(金)~2016年10月3日(月)(4日間)
調査方法:インターネット調査
調査対象:鍋料理を食べる20~60代 計2,613名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP