高齢者の大掃除および実家の大掃除に関する意識・実態調査 

2016年10月15日
ダスキンは、全国の20歳以上の男女計4,160人〔うち高齢者(60歳以上)832人〕を対象に、2015年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。

高齢者の2015年末の大掃除実施率は53.7%で、そのうち60歳~64歳の実施率は51.3%、65歳以上は55.5%で、65歳以上の高齢者の方が大掃除に対する取り組み意識が高いことがわかりました。また、還暦を過ぎてから「イスや脚立を使った、高所の掃除に不安を感じる」ようになる高齢者が多いこともわかりました。

さらに、高齢者の夫婦間での大掃除の満足度について調査したところ、妻は自己評価が低く、夫は自己評価が著しく高いものの、妻は夫の取り組みに対してあまり評価をしていないことが浮き彫りになりました。

<大掃除に関する調査 TOPICS>

① 2015年末の高齢者の大掃除実態
・実施率は53.7%。65歳以上の高齢者の方が、大掃除に対する取り組み意識は高い。
・高齢者はイスや脚立を使った高所の掃除に不安を感じている。

② 高齢者夫婦間の大掃除の満足度
・妻は自己評価が低く、夫は自己評価が著しく高いことが判明。妻は夫の大掃除を評価していない。
・大掃除の取り組みの質を高めるには、“コミュニケーションと目標共有”が重要。

③ 実家の大掃除の手伝い実態
・自分の子どもに大掃除を手伝ってもらいたい高齢者は約5割。不安な高所の掃除を希望。
・掃除をする側もされる側も、義実家の大掃除は遠慮気味。

<調査結果>

① 2015年末の高齢者の大掃除実態
・実施率は53.7%。65歳以上の高齢者の方が、大掃除に対する取り組み意識は高い。
・高齢者はイスや脚立を使った高所の掃除に不安を感じている。

高齢者の2015年末の大掃除実施率は53.7%でした。そのうち、60歳~64歳の実施率は51.3%、65
歳以上は55.5%で、65歳以上の高齢者の方が大掃除に対する取り組み意識が高いことがわかりました。
高齢者に、還暦を過ぎてから掃除に負担を感じるようになった場所と理由について尋ねたところ、上位3ヵ所は「レンジフード・換気扇」(51.2%)、「窓・網戸」(35.7%)、「照明器具」(29.4%)となりました。
理由は、「イスや脚立を使った、高所の掃除に不安を感じる」(58.1%)が最も高く、次いで「面倒になった」(45.0%)という結果となりました。また、「面倒になった」(60歳~64歳:51.5%、65歳以上:40.4%)の回答を見ると、60歳~64歳の高齢者よりも65歳以上の高齢者の方が掃除に対して意欲的であることがわかりました。

② 高齢者夫婦間の大掃除の満足度
・妻は自己評価が低く、夫は自己評価が著しく高いことが判明。妻は夫の大掃除を評価していない。
・大掃除の取り組みの質を高めるには、“コミュニケーションと目標共有”が重要。

2015年末の大掃除で、自分の大掃除の取り組みに対する配偶者の満足度と、配偶者の取り組みに対する満足度を高齢者に尋ねました。自分の大掃除の取り組みに対して「夫が満足したと思う」と回答した妻は60.9%だったのに対し、妻の取り組みに対して「満足した」夫の割合は76.4%でした。妻は自分の大掃除の取り組みについて自己評価が低い傾向にあることがわかりました。一方、自分の大掃除の取り組みに対して「妻が満足したと思う」と回答した夫は79.3%となりましたが、夫の取り組みに対して「満足した」妻の割合は44.9%で、約34ポイントもの乖離が見られました。夫の自己評価は著しく高いものの、妻は夫の取り組みに対してあまり評価をしていないことがわかりました。

③ 実家の大掃除の手伝い実態
・自分の子どもに大掃除を手伝ってもらいたい高齢者は約5割。不安な高所の掃除を希望。
・掃除をする側もされる側も、義実家の大掃除は遠慮気味。

高齢者に、同居していない“自分の子ども”に大掃除を手伝ってもらいたいかについて尋ねたところ、「手伝ってほしい」(49.5%)と「手伝ってほしくない」(50.5%)の割合はほぼ半々でした。また、自分の子どもに大掃除を手伝ってほしい場所は、「窓・網戸」 (44.3%)、「レンジフード・換気扇」(43.0%)、「照明器具」 (41.1%)の順で高く、いずれも高齢者が負担に感じる高所を掃除してほしいと思っていることがわかりました。一方、同居していない“自分の子どもの配偶者”に大掃除を手伝ってもらいたいかについて尋ねたところ、「手伝ってほしい」人は36.6%、「手伝ってほしくない」人は63.4%となりました。「遠慮がある」、「気を遣う」、「負担や迷惑をかけたくない」という気持ちから「手伝わなくてもよい」という気持ちが強いようです。
また、20歳以上の男女に自分の実家および配偶者の実家の大掃除を手伝いたいかについて尋ねたところ、自分の実家の大掃除を手伝いたい人は男女とも46.4%になりました。一方、配偶者の実家の大掃除を手伝いたい人は、男性が41.2%だったのに対し、女性は23.8%で低い結果となり、20歳以上の女性は男性よりも配偶者の実家の大掃除に腰が引けている様子がうかがえます。


【調査概要】
調査目的: 2015年末の大掃除についての意識・実態把握
調査対象: 20歳以上の男女
調査地域: 全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
調査方法: インターネットリサーチ
調査時期: 2016年1月29日(金)~1月31日(日)
サンプル数: 4,160サンプル〔うち高齢者(60歳以上)832人〕

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP