テレビタレントイメージ2016年8月度調査 

2016年09月29日
ビデオリサーチは、年2回「テレビタレントイメージ調査」を実施しています。この度、第88回調査(2016年8月度)の結果がまとまりましたのでお知らせします。

男女タレント人気度ベスト3

男性タレント人気度
1位 阿部 寛
2位 イチロ-
3位 明石家 さんま/マツコ・デラックス

女性タレント人気度
1位 綾瀬 はるか
2位 浅田 真央
3位 天海 祐希

<男性タレント> 
MLB通算3000本安打を達成したイチロー2位にジャンプアップ!

男性タレント人気度は阿部 寛の1位が続いています。2位はこの夏メジャー3000本安打を達成したイチローが前回(14位)から大幅にアップしました。3位は同率で明石家 さんまとマツコ・デラックス、5位は所 ジョージでした。また、今回は春夏のドラマを支えた"おじさま"たちのランクアップが目立ちます。清貧を貫く出版社社長を味わい深く演じた高田 純次が10位に登場し、嫌味なのに憎めない切れ者弁護士役で高視聴率ドラマを盛り上げた香川 照之19位や、極道からコミカルな総理大臣役や部下思いの上司までこなす遠藤 憲一22位が上位にランクインしています。

前回50位圏外からは他に、歌手としてもブレイク中の桐谷 健太が大幅に順位を上げて35位になりました。

<女性タレント> 
不動の上位陣。1位~4位の綾瀬 はるか、浅田 真央、天海 祐希、ドリカム。

女性タレント人気度は綾瀬 はるかが前回に引き続き1位でした。2~4位は浅田 真央、天海 祐希、DREAMS COME TRUEと不動の顔ぶれです。5位の杏も10位以内が定位置化しています。

また、今回は小泉 今日子が7位で久々にベストテンに登場しました。

ベスト50位圏外からのランクインを見ると、小池 栄子が前回から10ポイント以上スコアを増やして36位、今年ドラマで共演した波瑠が順調にスコアアップして50位になりました。

※グループを調査対象にする際は、メインボーカルの性別を基準にして男女を決定しています。

男性タレント人気度上位20
全体N=565

順位    タレント名    人気度
1 阿部 寛    56.1
2 イチロ-    55.0
3 明石家 さんま    51.0
3 マツコ・デラックス    51.0
5 所 ジョ-ジ    49.0
6 さまぁ~ず    47.1
7 大泉 洋    46.7
8 錦織 圭    46.0
9 阿部 サダヲ    45.8
10 高田 純次    45.1
11 博多華丸・大吉    45.0
12 渡辺 謙    44.1
13 内村 光良    43.7
14 ビ-トたけし(北野 武)    43.5
15 タカアンドトシ    43.4
16 福山 雅治    43.0
16 相葉 雅紀    43.0
18 タモリ    42.7
19 サンドウィッチマン    42.1
19 香川 照之(市川 中車)    42.1

女性タレント人気度上位20
全体N=565

順位    タレント名    人気度
1 綾瀬 はるか    52.2
2 浅田 真央    48.5
3 天海 祐希    47.4
4 DREAMS COME TRUE    46.2
5 杏    43.2
6 いきものがかり    42.7
7 小泉 今日子    40.9
8 北川 景子    40.5
9 新垣 結衣    40.2
10 中島 みゆき    39.8
10 石原 さとみ    39.8
12 上戸 彩    38.9
12 吉田 羊    38.9
14 ロ-ラ    38.6
15 篠原 涼子    38.4
16 吉永 小百合    38.1
17 米倉 涼子    37.7
18 イモトアヤコ    36.8
19 仲間 由紀恵    36.6
20 柳原 可奈子    36.5


【調査概要】
調査期間:2016年7月16日(土)~7月24日(日)
調査地域:東京駅を中心とした半径30km圏
調査対象者:満10歳~69歳の男女個人
有効標本数:1,130人
(男性タレントに対して565人が 女性タレントに対して565人が回答)
標本抽出法:エリア・ランダム・サンプリング法 
調査方法:訪問による質問紙留置法
調査タレント数:男性タレント500人、女性タレント500人の計1,000人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP