国内アイウエア市場に関する調査(2016年) 

2016年09月08日
矢野経済研究所は、国内アイウエア(眼鏡)市場の調査を実施した。

<国内アイウエア市場とは>
本調査における国内アイウエア市場とは、①眼鏡フレーム、②眼鏡レンズ、③既製サングラス、④既製老眼鏡の4アイテムとし、小売金額ベースにて市場規模の算出を行っている。
また、国内ファッションアイウエア市場とは①~④のうち、視力矯正のみでなくファッションアイテムとして販売している商品を指し、商品アイテムは、インポートブランド、ライセンスブランド、ハウス(自社)ブランド、機能性アイウエア、スポーツアイウエアなどを対象としている。

【調査結果サマリー】

◆ 2015年国内アイウエア市場は前年比102.9%の4,939億円、5年連続のプラス成長
2015年の国内アイウエア市場規模は小売金額ベースで前年比102.9%の4,939億円と、2011年以降5年連続のプラス成長となった。2015年はアイウエア販売におけるオムニチャネル化の進展や、シニア層向けアイケア重視のサービスが奏功し、プラス成長であった。近年は企業間の激しい競争があるものの、消費者需要が活発化しており、市場規模は堅調に推移している。

◆ 2015年国内ファッションアイウエア市場規模は前年比103.8%の3,767億円、2016年は3,900億円を予測
2015年の国内ファッションアイウエア市場規模は小売金額ベースで前年比103.8%の3,767億円とプラス成長となった。老眼鏡(リーディンググラス)では、シニア層向けにデザイン性の高い商品が好調であったほか、国内アイウエアメーカーの高い技術力を生かした機能性、デザイン・ファッション性の高いアイウエアがこだわりを持つ層から高い支持を得ている。こうした需要を取り込み、2016年は前年比103.5%の3,900億円を予測する。

◆ 2015年インポートアイウエア市場規模は前年比108.1%の361億円、2016年は369億円を予測
2015年のインポートアイウエア市場は小売金額ベースで前年比108.1%の361億円と3年連続のプラス成長であった。販売チャネルの多様化、若年層を中心とした顧客層の広がり、百貨店チャネルの堅調、インバウンド(訪日外国人客)需要の増加、サングラスおよびスポーツサングラスの需要拡大などが好調の要因となった。高い人気を維持するスポーツサングラスを中心に今後も堅調推移を予測する。


【調査概要】
調査期間:2016年6月~8月
調査対象:アイウエア業界に携わるメーカー・卸、海外企業現地法人、輸出入業者ならびに小売業等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話、FAX、郵送によるヒアリング、ならびに文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP