「子どもに就いてほしい仕事」実態調査(30歳~49歳の既婚男女対象) 

2016年07月27日
オウチーノ総研は、首都圏在住で子どもがいる30歳~49歳の既婚男女1,159名を対象に、「『子どもの将来』に関するアンケート調査」を行った。

はじめに「将来、子どもに就いてほしい職業は何ですか?」と聞いた。結果、「大企業の社員」と回答した人が最も多く22.4%、次いで「手に職系」が22.0%、「教師・公務員」が18.9%だった。また、「特になし」と回答した人は40.5%だった。6割の親は、子どもの将来の職業に対して、具体的な望みを持っていることが分かった。理由を聞くと、どの職業を選んだ人からも、「安定」という言葉が多く出た。自分の就職先の条件として会社の安定性を挙げる人は多いが、子どもの就職先にもそれを希望する人は多いようだ。次に「将来、子どもに就職してほしい業種はありますか?」と聞いたところ、「医療・福祉」が最も多く11.6%、「官公庁・公社・団体」が8.8%、「学術研究・技術」が6.2%と続いた。

【調査結果】

親世代は子どもの職業に「大企業の社員」「手に職」を望んでいる!安定性がカギ。

はじめに「将来、子どもに就いてほしい職業は何ですか?」と聞いた。結果、「大企業の社員」と回答した人が最も多く22.4%、次いで「手に職系(士・師業など)」が22.0%、「教師・公務員」が18.9%、「芸能・芸術系」が6.2%、「ベンチャー・中小企業の社員」が6.0%、「起業・自営業」が3.9%、「専業主婦・主夫」が2.4%、「その他」が6.3%だった。また、「特になし」と回答した人は40.5%だった。
また男女別に見ると、「手に職系」と回答した男性は18.3%、女性は25.7%だった。女性の場合、「大企業の社員」と回答した人を上回る結果となった。結婚・出産を機に一度仕事を辞める人も多い女性だからこそ、手に職をつけることのメリットを感じているのかもしれない。また、「特になし」と回答した男性は43.4%、女性は37.5%だった。母親の方が父親に比べ、子どもに将来就いてほしい職業があるようだ。

「大企業の社員」と回答した人にその理由を聞いた。最も多かったのは「安定しているから、安心だから」という理由だった。具体的には「生活の安定性、社会的評価の高さから」(46歳/男性)や「安定した仕事環境があると思うから」(41歳/男性)、「安定しているし、結婚相手の親などに反対される要素が減ると思うから」(31歳/女性)などが挙がった。次いで「収入が良いから」という声が多く、例えば「社会的信用と安定した収入が確保できるから」(45歳/女性)や「給料で苦労することが少なそうだから」(35歳/男性)などが聞かれた。他には「自分が働いていて楽しかったから」(39歳/女性)や「教育がしっかりしていると思うし、ビジネスの基本を知ることができるから」(49歳/女性)、「福利厚生の充実した、女性が長く続けられる会社に入ってほしいから(46歳/女性)などが挙がった。また、具体的に「トヨタ」や「電通」など企業名を挙げる人もいた。

「手に職系」と回答した人からは「食いっぱぐれなさそうだから」という声が最も多く、具体的には「景気の動向に左右されにくいと思うから」(43歳/女性)や「専門分野がある人が最終的に強いと思うから」(32歳/女性)などが挙がった。次いで「転職や職場復帰に有利だと思うから」という声が多く、例えば「女の子なので、結婚や出産を経ても再就職しやすい職種を選んでほしい」(38歳/男性)や「私自身、出産後に仕事復帰する際、資格が役立ったから」(35歳/女性)などが聞かれた。他には「個人として価値を産み出せる立場を目指してほしい」(36歳/男性)や「定年がなく、生涯賃金が高いから」(47歳/女性)などが挙げられた。また、具体的な職業を挙げた人では、「医者」と回答した人が最も多く、他には「看護師」や「薬剤師」などが多く挙げられた。

「教師・公務員」では「安定しているから」という理由が約半数を占めた。例えば「安定しているし、ローンを組むのにも苦労が少なそうだから」(35歳/男性)や「生涯安定していそうだから」(44歳/男性)などの声が聞かれた。次いで「本人に向いている・望んでいるから」が多く、「本人が学校の先生になりたいと言っているから」(32歳/女性)や「人に教えることがとても上手なので」(48歳/女性)などが具体的に挙がった。他には「自分が叶えられなかった夢だから」(33歳/男性)や「一人っ子なので、安定した職業を選んでくれると嬉しい」(38歳/男性)などが挙げられた。

専門性の高い業種が人気!不景気を案ずる親が多い!?

次に「将来、子どもに就職してほしい業種はありますか?」と聞いたところ、「医療・福祉」が最も多く11.6%、「官公庁・公社・団体」が8.8%、「学術研究・技術」が6.2%、「公的機関」が6.0%、「IT・通信・インターネット」が5.1%と続いた。反対にワースト3は「保険」が0.8%、「卸売り・流通・小売り」が0.9%、「農林水産業」が1.1%だった。
「医療・福祉」と回答した人にその理由を聞いた。最も多く挙がったのは、「人の役に立ってほしいから」という理由だった。具体的には「直接人の役に立つ仕事だから」(36歳/男性)や「社会貢献になるから」(46歳/男性)、「人のためにもなるし、仕事に誇りを持ってできると思うから」(48歳/女性)などが挙がった。次いで「働き口がなくならないから」という声が多く、例えば「高齢化社会で今後ニーズがさらに拡大すると思うし、仕事に溢れることがなさそうだから」(41歳/女性)や「なくなる仕事ではないから」(44歳/女性)などが聞かれた。他には「これからの成長分野だから」(49歳/男性)や「私がこの業種のため、多少アドバイスできることがあると思うから」(35歳/女性)などの声が挙がった。

「官公庁・公社・団体」では「安定しているから」が圧倒的に多く、具体的には「公の仕事だから安定していると思う」(38歳/男性)や「堅い職業だし、ブラック企業ではなさそうだから」(46歳/男性)などが挙がった。次いで「景気に左右されないから」という声が多く、例えば「リストラや倒産はないと思うから」(41歳/女性)や「老後まで安心して生活できそうだから」(40歳/男性)などが聞かれた。他には「社会的信用が得やすいから」(45歳/女性)や「怪しくない組織に勤めてほしいから」(43歳/男性)などが挙げられた。

「学術研究・技術」と回答した人からは「本人が好きだから・目指しているから」という声が最も多く、例えば「本人が理系志望で、実験が好きだから」(39歳/女性)や「子どもが興味を持っているから」(41歳/女性)などが聞かれた。次いで「得意分野を活かしてほしい」という理由が多く、具体的には「機械技術を勉強しているから」(42歳/男性)や「化学に興味を持っているので、その道に進むなら応援したい」(40歳/女性)などが挙がった。他には「自分の好きなものを探求し続けてほしい」(39歳/女性)や「職に就くまでは長く厳しいが絶対に楽しいと思うから」(36歳/男性)、「自分が最初に憧れていた業種だから」(46歳/男性)などが挙げられた。


【調査概要】
有効回答:首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で子どもがいる30歳~49歳の既婚男女1,159名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:2016年7月11日(月)~7月13日(水)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP