「ひざなどの関節の不調」についての調査(30代~60代男女対象) 

2016年06月30日
キューサイ「100歳まで楽しく歩こう課」は、30代~60代の男女824名を対象に、「ひざなどの関節の不調」について調査を実施しました。

【調査結果】

I.ひざなどの関節に不調を感じる人のうち、約7割 が40代までに不調を意識

30代~60代の男女824名に調査をしたところ、「ひざなどの関節に不調を感じたことがある」人は、その約4割に及びました。またその方々に「いつ頃から不調を感じるようになったか」とたずねたところ40代までに不調を感じている人が、67.8%となりました。

また、30代までに不調を意識している人も41.2%存在し、多数が若い頃から不調を感じていることが分かりました。骨や筋肉量のピークはおよそ20代~30代だといわれています。丈夫な足腰を保つためには早めの対策が必要です。

II.梅雨時期に不調を感じている 約6割

「不調を感じたことがある」と回答した人のうち、「梅雨時期に不調を強く感じる」もしくは「梅雨時期に時々不調を感じる」人は、63.0%いることが分かりました。また、世代別にみると30代で「梅雨時期に不調を感じる」人が男女ともに多く見受けられ、ひざなどの関節に不調のサインを感じているようです。


【キューサイ「100歳まで楽しく歩こう課」調べ】

【調査概要】
調査時期:2016年6月13日(月)~6月14日(火)
調査地域:全国
調査方法:インターネットリサーチ
調査主体:キューサイ株式会社「100歳まで楽しく歩こう課」
調査対象:30代~60代の男女
サンプル数:824サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP