「子どもの習い事・必要なスキル」に関する調査(20代~50代の子どものいる親対象) 

2016年06月17日
イー・ラーニング研究所は、世代とともに変化する習い事を調査するため、子どもを持つ親を対象に「子どもの習い事・必要なスキルに関するアンケート」を実施いたしましたので発表いたします。

昨今、英語やプログラミング等、市場のニーズに沿ったスキルを子どもに身につけて欲しいと思う親が多くなっています。今回、イー・ラーニング研究所では20代~50代の子どものいる親486人を対象に「子どもの習い事・必要なスキルに関するアンケート」を実施。その結果、親世代が思う子どもの頃に学んでおけばよかったスキル、習い事等の実態が見える調査結果となりました。

【調査結果概要】

① 子どもにさせたかった習い事トップは「英会話スクール」「プログラミング教室」
⇒させたかった習い事には「英会話スクール」「プログラミング教室」といった時代のニーズに合った習い事が人気の結果に。

② 習い事をさせている理由は「本人の希望」よりも「将来の為」
⇒将来の為に必要なスキルを身につけたいという思いが習い事を選択する動機に。

③ 子どもに必要な能力は「コミュニケーション能力」が第1位
⇒社会人になっても必要な「コミュニケーション力」「社会人性」「表現力」がトップ3に。

④ 大人になって学んでおけば良かったと思う能力トップは「お金の稼ぎ方」
⇒「子どもの頃に学んでおけば良かったことは何だったか」という質問に対して、9割以上が「お金の稼ぎ方」と回答。

【調査結果】

1、習い事の文化は当たり前?!8割以上が子どもに習い事をさせている

 「習い事をさせていますか?(させていましたか)」(SA)という問いでは、「Yes」が85%、「No」が15%という結果になりました。
 学習塾やピアノ、水泳などの他、最近では英会話スクールやプログラミング教室等市場のニーズに合わせた習い事も増えてきています。種類は様々ですが、習い事をしている子どもたちが当たり前になっており、習い事市場も拡大傾向にあると考えられます。

2、させている習い事第1位は「スポーツ系」、させたかった習い事にはプログラミング教室が急浮上

 「何の習い事をさせていますか?(させていましたか)」(MA)という問いでは、第1位が「スポーツ系」(219)、第2位が「学習塾」(201)、第3位が「音楽系」(172)という結果になりました。また、「何の習い事をさせたいですか?(させたかったですか)」(MA)という問いでは、第1位が「英会話スクール」(192)、第2位が「プログラミング教室」(109)、第3位が「そろばん教室」(103)という結果になりました。
 させている(させていた)習い事ではプログラミング教室が最下位の結果だったにも関わらず、させたい(させたかった)習い事では第2位まで上昇した結果となりました。2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化される動きから、プログラミングスクールの母数自体も増加しており、今後さらに需要が出る習い事と考えられます。

3、習い事をさせている理由は「本人の希望」よりも「将来の為」

 「なぜその何の習い事をさせていますか?(させていましたか)」(MA)という問いでは、第1位が「将来の為」(246)、第2位が「本人の希望」(201)、第3位が「受験の為」(73)という結果になりました。
 子どもの「将来の為」に習い事をさせている親が、「本人の希望」よりも多いことがわかりました。将来必要となるスキルを身につけたいという思いが、習い事をする動機付けになっていることが伺えます。

4、子どもに必要な能力は「コミュニケーション能力」が第1位

 「子どもに必要だと思う能力は何だと思いますか?」(MA)という問いでは、第1位が「コミュニケーション力」(313)、第2位が「社会人性」(286)、第3位が「表現力」(276)という結果になりました。
 トップ3の「コミュニケーション力」「社会人性」「表現力」は学校だけではなく、社会人になっても共通して必要なスキルとなることから上位に選ばれた理由だと考えられます。また現代はSNSが普及しており、これまで以上に「コミュニケーション力」に長けることが必要とされる時代となっています。そのような時代背景からも自分を表現する力や相手との距離感をきちんと把握する「コミュニケーション力」が必要と考えている親が多いのかもしれません。

5、好きな教科も嫌いな教科も「数学(算数)」がトップ

 「好きな教科は何ですか?(何でしたか)」(MA)という問いでは、第1位が「数学(算数)」(171)、第2位が「国語」(155)、第3位が「英語」(123)という結果になりました。また、「嫌いな教科は何ですか?(何でしたか)」(MA)という問いでは、第1位が「数学(算数)」(151)、第2位が「英語」(96)、第3位が「国語」(85)という結果になりました。
 好きな教科も嫌いな教科も「数学(算数)」がトップになり、答えが1つに決まる数学の面白さに魅了される反面、段々と数式等についていけなくなり避けるようになってしまう人が同数程度いる結果となりました。また、好きな教科と嫌いな教科の上位国語・英語についても暗記だけではなく、考えることが必要になってくる科目の好き嫌いが明確に分かれてしまう要因かもしれません。

6、将来の夢が叶っている大人はわずか22%、人気の職業は「教師」が第1位

 「子どもの頃なりたかった将来の夢はありましたか?」(SA)という問いでは、「Yes」が73%、「No」が27%という結果になりました。また「その夢は現在叶っていますか?(SA)という問いでは、「Yes」が22%、「No」が78%という結果になりました。
 子どもの頃なりたかった将来の夢の職種としては「教師」「保育士」「タレント・歌手・モデル」が上位トップ3の結果となりました。一番子どもの頃に身近に接することが多い職業が上位にランクインした他、「スポーツ選手」「CA(キャビンアテンダント)」など「教師」や「保育士」の他、「医師・看護師」や「美容師」などの資格を有する職業が上位にランクインしました。子どもの頃とは視点も考え方も異なるため、大人になって夢が叶っている人は2割程度に留まる結果となりました。

7、大人になって学んでおけば良かったと思う能力トップは「お金の稼ぎ方」

 「子どもの頃に学んでおけばよかったことをすべてお選びください」(MA)という問いに対して、回答の上位3項目は「お金の稼ぎ方」(402)、「コミュニケーション力」(312)、「プレゼン能力」(299)となりました。
 特に「お金の稼ぎ方」については9割以上の方が回答しており、子どもの頃一番学んでこなかった「お金の稼ぎ方」を大人になって痛感している様子が伺えます。また「コミュニケーション力」「プレゼン能力」と社会人になってから多くの場面で必要とされるスキルが上位に挙がっていることから、実体験からの回答結果となっていると考えられます。


「イー・ラーニング研究所調べ」

【調査概要】
調査方法:紙回答
調査地域:全国
調査期間:2016年5月21日(土)
調査対象:20代~50代の子どものいる親 男女 計486人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP