食用油の購入、食用油を使った調理、揚げ物惣菜などに関する調査(20代と70代の比較) 

2016年05月31日
日清オイリオグループ「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。
当研究グループでは、定期的に食用油の購入、食用油を使った調理、揚げ物惣菜などに関する調査を実施しています。今回の調査では高齢化の進展を背景に、新たに70代を調査対象に加え、20代~70代の女性1,262名に調査を行いました。本レポートでは調査対象者の中で最も若い20代と最も高齢の70代を比較することで、両者の意識や実態の差を明らかにしました。

【調査結果のポイント】

①食用油の使い切り期間、1か月以内は20代が20%、70代が54%

②70代の90%程度が“健康に良さそう”を理由にオリーブオイルを使用

③20代の食用油の購入重視点、“価格の安さ”が最優先

④調理時間が短く、調理に対する負担も多く感じている20代

⑤調理が簡単な炒め物を作る20代、健康に良い煮物を作る70代

⑥夕食での揚げ物調理回数、20代平均月1.3回、70代3.8回

⑦揚げ物での食用油の使用回数、20代の40%程度が“1回で捨てる”

⑧炒め物調理に、食材の多様さや彩りの豊かさを評価している70代

⑨揚げ物へのイメージ、70代は“腹持ちのよさ”や“活力が湧く”ことを評価

⑩20代はコンビニ、70代はデパートで揚げ物惣菜を購入する傾向あり

⑪揚げ物惣菜購入理由、20代は“料理が面倒”、70代は“少量で買える”から


【調査結果】

食用油の購入

・食用油の購入場所は、20代、70代とも「食品スーパー」が最も高くなりました。また両者を比べると、「生協」が70代で13ポイント高くなりました。
・未開封の食用油ストック本数は、20代が「0本」(38%)、70代が「4~5本」(28%)で最も高くなり、平均本数は20代が3.1本、70代が5.2本となりました。

①食用油の使い切り期間、1か月以内は20代が20%、70代が54%
・一般食用油※1の購入容量は、20代が「500~999g」(29%)、「1000~1299g」(29%)、70代が「500~999g」(47%)で最も高くなりました。
・一般食用油の使い切り期間は、「1か月以内※2」が20代は20%、70代は54%となり、70代の使い切り期間が短いことが分かりました。
※1:特定保健用食品、ごま油、オリーブオイル以外のサラダ油やキャノーラ油などを指す
※2:「1週間以内」、「2~3週間程度」、「1か月程度」の合計

②70代の90%程度が“健康に良さそう”を理由にオリーブオイルを使用
・使用中の食用油の種類は、20代、70代とも「オリーブオイル」、「ごま油」が最も高くなり、20代と比べると「オリーブオイル」、「ごま油」とも70代で高くなりました(各12ポイント、11ポイント増)。また、「サラダ油」は20代で18ポイント、「キャノーラ油」は70代で9ポイント高くなりました。
・オリーブオイルの使用・購入のきっかけは、20代、70代とも「店頭で目についたから」が最も高くなりました。両者を比べると、「実家で使っていたから」が20代で24ポイント、「一度食べて気に入ったから」が70代で13ポイント高くなりました。 また、オリーブオイルの使用・購入の理由は、20代、70代とも「健康に良さそうだから」 が最も高くなりましたが、70代の方が20代よりも37ポイント高くなりました。

③20代の食用油の購入重視点、“価格の安さ”が最優先
・一般食用油の購入重視点は、20代が「価格が安い」(72%)、70代が「容量が適当」(46%)が最も高くなりました。
・オリーブオイルの購入重視点は、 20代が「価格が安い」(58%)、70代が「産地」(43%)が最も高くなりました。
・ごま油の購入重視点は、20代が「価格が安い」(57%)、70代が「香り」(48%)が最も高くなりました。
・両者を比べると、「価格が安い」は20代で顕著に高くなりました(一般食用油41ポイント、オリーブオイル41ポイント、ごま油43ポイント)。70代は「価格が安い」以外の多くの項目で高くなり、「ブランド名(メーカー名)」や「産地」、「原料」などが重視されていました。

調理スタイル

④調理時間が短く、調理に対する負担も多く感じている20代
・夕食の調理時間は、20代、70代ともに「30~60分未満」が最も高くなりました。平均調理時間は、20代が40.9分、70代が55.4分となり、70代の方が約15分長くなりました。
・調理に関して時間や手間を感じる項目は、20代、70代ともに「調理器具の片付け」が最も高くなりましたが、20代の方が全ての項目で顕著に高いことが分かりました。

⑤調理が簡単な炒め物を作る20代、健康に良い煮物を作る70代
・最もよく作る料理は、20代は「炒め物」(59%)、70代は「煮物」(63%)が最も高くなりました。
・20代が炒め物を作る理由として、「調理が簡単だから」(64%)が顕著に高くなりました。また、70代が煮物を作る理由は、「健康に良い調理法だから」(25%)が最も高くなり、次いで「家族が好きだから」(23%)となりました。

⑥夕食での揚げ物調理回数、20代平均月1.3回、70代3.8回
・夕食の揚げ物頻度は、20代が「まったくしない」(37%)、70代が「月に3~5回」(30%)で最も高くなりました。平均調理回数は、20代が月1.3回だったのに対し、70代は月3.8回となりました。
・揚げ物に使用する調理器具は、20代が「フライパン」(58%)、70代が「天ぷら鍋(揚げ物専用鍋)」(46%)で最も高くなりました。
・よく作る揚げ物メニューは、20代が「唐揚げ」(62%)、70代が「天ぷら」(48%)で最も高くなりました。
・揚げ物をする際の油の量は、20代、70代とも「具材がぎりぎり被る程度」が最も高くなり、次いで20代は「具材が半分程度被る(表面が焼ける)程度に油を使う」、70代は「具材が全て被るようにたっぷりの油を使う」となり、20代の方が少量の食用油で揚げ物をしている様子が伺えました。

⑦揚げ物での食用油の使用回数、20代の40%程度が“1回で捨てる”
・揚げ物で同じ食用油を使う回数は、20代が「1回で捨てる」(37%)、70代が「2回」(43%)で最も高くなりました。
・繰り返し使用した食用油の処理基準は20代が「油の色」(67%)、70代が「使用回数」(66%)で最も高くなりました。両者を比べると、20代は70代よりも「調理中のにおい」(27ポイント)を重視し、70代は20代よりも「使用回数」(24ポイント)を重視していました。

⑧炒め物調理に、食材の多様さや彩りの豊かさを評価している70代
・夕食の炒め物頻度は、20代、70代ともに「週に1~2回」が最も高くなりました。平均調理回数は、20代が2.6回、70代が2.7回と、大きな差はみられませんでした。
・炒め物調理に感じることとして、20代、70代ともに「短時間で作れる」が最も高くなりましたが、70代の方が20代よりも24ポイント高くなりました。
・両者を比べると、多くの項目で70代の方が高く、「色々な食材を出せる」、「食卓の彩りが豊かになる」は20ポイント以上の差がありました。

⑨揚げ物へのイメージ、70代は“腹持ちのよさ”や“活力が湧く”ことを評価
・揚げ物調理が「好き※」な割合は、20代、70代とも39%となりました。また、揚げ物を食べることが「好き」な割合は、20代が70%、70代が65%となりました。
・揚げ物調理に感じることは、20代は「油がはねて危険」(63%)が、70代は「食卓にボリュームが出る」、「調理器具の片付けが面倒」(47%)が高くなりました。
・揚げ物を食べることに感じることとして、20代は「太りやすい」(50%)が、70代は「お腹がいっぱいなる」(33%)が最も高くなり、両者を比べると、「太りやすい」(20代50%、70代27%)で最も差が大きくなりました。また、70代では「腹持ちがいい」「食感がいい」「活力が湧く」などのポジティブなイメージが高くなるのが特徴的でした。

揚げ物惣菜の購入

⑩20代はコンビニ、70代はデパートで揚げ物惣菜を購入する傾向あり
・揚げ物惣菜の購入頻度は、20代、70代ともに「ほとんど利用しない」が最も高くなりました。また、平均購入回数は、20代が月1.4回、70代が月1.2回となりました。
・揚げ物惣菜を利用しない理由は、20代が「油っぽい」(39%)、70代が「使っている油が良くない・わからない」(46%)で最も高くなりました。両者を比べると、70代が「使っている油が良くない・わからない」で最も高くなりましたが、20代は最も低くなりました。
・よく購入する揚げ物惣菜は、20代が「唐揚げ」(36%)、70代が「コロッケ」(43%)で最も高くなりました。
・揚げ物惣菜の購入場所は、20代、70代ともに「食品スーパー」が最も高くなりました。両者を比べると、「コンビニ」、「食品スーパー」が20代で各19ポイント、17ポイント高くなり、「デパート」が70代で16ポイント高くなりました。

⑪揚げ物惣菜購入理由、20代は“料理が面倒”、70代は“少量で買える”から
・揚げ物惣菜の購入理由は、20代が「自分で料理をするのが面倒だから」(58%)、70代が「少量でも買えるから」(45%)で最も高くなりました。両者を比べると、20代、70代それぞれの最も高くなった理由で、両者の差が最も大きくなりました。(「自分で料理をするのが面倒だから」(20代58%、70代32%)、「少量でも買えるから」(20代19%、70代45%)。)


【調査概要】
調査実施:2015年11月6~10日
調査方法:インターネット
調査地域:全国
調査対象:20代、70代の女性
サンプル数:20代94サンプル、70代177サンプル(ウェイトバック集計※)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP