「梅雨」に関するアンケート調査(20歳以上の女性対象) 

2016年06月01日
ケルヒャー ジャパンは、本格的な梅雨シーズンの到来を前に、「梅雨」に関するアンケート調査を全国の20歳以上の女性500名を対象に実施いたしました。

【調査結果】

■Q1.梅雨時期に床のベタつきが気になることはありますか?

梅雨時期の床のベタつきが気になる女性は70%以上!

「梅雨時期に床のベタつきが気になることはありますか?」という問いに対し、「ある」という回答は71%でした。「床がベタベタして気持ち悪い」(20代・女性)「梅雨はべたつくので裸足であるくと気持ち悪い」(30代・女性)などの意見が多くあがっていることから、多くの女性が床のベタつきに不快感を抱いていることがわかります。また、「梅雨は好きですか?」という問いに対して「嫌い」と回答した方が76%、「ジメジメした嫌な時期、スッキリしたいですか?」という問いに対して「スッキリしたい」という回答が90%でした。やはり梅雨の嫌なジメジメ、ベタベタを解消したい女性がほとんどのようです。

■Q2.ベタつく床面はどのように清掃していますか?(Q1で「ある」と回答した方のみ)

掃除方法のTOP3は フロアワイパー、雑巾、掃除機

ベタつく床面はどのように清掃していますか?という問いに対しての回答は、フロアワイパー、雑巾、掃除機と日頃使用しているものがほとんどを占めました。普段とは異なる“梅雨時期の特別な対策”を行っているという方は少ないようです。「雑巾がすぐにべたつくから何度も洗い直すのが面倒」(30代・女性)「べたつくのでガッガッとひっかかってスムーズに拭けず、掃除なのにストレスがたまってしまう」(20代・女性)など、一度でスッキリしない梅雨時期の掃除にストレスを感じるという声も多く上がりました。

■Q3.あなたはフローリングの雑菌は気になりますか?(Q1で「ある」と回答した方のみ)

雑菌が気にならない方の割合が40%を超える

フローリングの雑菌が気にならないという回答が、意外にも42.6%となっています。「床がべたついて家での移動が気持ち悪いときがある」(60代・女性)など、「ベタベタ」という体感的なことは気になるものの、その原因の一つである雑菌に対してはあまり関心がなく、意識にギャップがあることがわかりました。しかし不快なベタベタ床を解消するには、雑菌や雑菌の元となる皮脂汚れなどをしっかり取り除くことが大切です。

ベタベタ床に関するエピソード
● 掃除しても掃除しても完了しない、またべとつく。(30代・女性)
● 梅雨入りでベタベタして、床に座ってついていた手にゴミがひっついていたこと。(30代・女性)
● ベタついた床を歩いたあとの靴下の裏の汚さに愕然…梅雨時の靴下の裏は格好の雑巾代わり…(40代・女性)
● なめくじが床にいて踏んだ。(40代・女性)
● 夜中にトイレに起きて、廊下の床がべたついて、すっかり目が覚めてしまった。(60代・女性)
● 飼い猫がベタつきを嫌い、べたつきを拭かないと、部屋に入らないので、朝からせっせと掃除に励む自分がおかしくなって笑ってしまう。(60代・女性)


【調査概要】
調査主体:ケルヒャー ジャパン株式会社
調査対象:全国の20歳以上の女性500名
調査方法:WEBアンケート
調査時期:2016年5月20日(金) ~ 23日(月)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP