グローバルのフィンテック投資に関するトレンド分析レポート「Fintech and the Evolving Landscape(フィンテック、発展する市場環境)」 

2016年04月27日
アクセンチュアの最新調査によると、グローバルにおける2016年第1四半期のフィンテック投資額は、前年同期比67%増の53億ドルに達しました。そのうち欧州とアジア・パシフィック地域は、前年同期比が約2倍となり、62%を占める結果となりました。アクセンチュアによるグローバルのフィンテック投資に関するトレンドを分析した、最新レポート「Fintech and the Evolving Landscape(フィンテック、発展する市場環境)」でその詳細を示しています。

ディスラプティブ(破壊)か、コラボレーティブ(共生)か
主に金融機関をサービスの提供先とする「共生型」フィンテック企業は、自ら市場参入し金融機関と競合する「破壊型」フィンテック企業よりも優勢になりつつあることを本レポートでは示しています。

共生型のフィンテック投資は、2010年にはフィンテック投資総額の38%を占めていましたが、2015年には44%に拡大しています。この6年間において、北米での共生型フィンテック投資は、より飛躍的に伸びており、40%から60%に達しています。その一方で、欧州では逆に、破壊型のフィンテック投資の割合は2010年の62%から2015年には86%に拡大しています。

本レポートでは、いわゆる破壊型フィンテック企業が、当初は銀行と競合するものの、最終的には銀行からの出資や買収、提携を通じて銀行との共生に転じるケースが多く見られることも明らかにしています。具体的には、BBVAが出資し、2016年4月にロンドンで開業したモバイル専業銀行であるAtomが例としてあげられます。

また、共生型フィンテック企業向けの投資の割合が高まっている一方で、銀行自身による投資は相対的に少なく、2015年における投資総額223億ドルのうち50億ドルでした。これに対し、銀行によるフィンテック関連の内部投資は500億ドルから700億ドルと推定されています。

2015年の世界全体でのフィンテック投資は75%増加し、220億ドルを超過
本レポートでは2015年のグローバルにおけるフィンテック投資額は、前年比75%増となる96億ドル増加し、およそ223億ドルに達したことを示しています。こうした市場拡大をもたらしたのは、世界最大の市場である北米において、比較的穏やかな成長とはいえ新たに45億ドル(44%増)の資金調達があったこと、中国において前年比445%増となる20億ドル近い資金調達の急成長があったことが挙げられます。その他にも、インド(16億5,000万ドル)、ドイツ(7億7,000万ドル)、アイルランド(6億3,100万ドル)において調達額の大きな伸びが確認されています。

・欧州では、2014年から2015年でフィンテック投資が2倍以上(120%増)に拡大し、案件数も51%増加しています。ドイツにおけるフィンテック投資は同期間に843%もの増加を示しています。

・アジア・パシフィック地域では、2015年のフィンテック投資が4倍以上の成長を遂げ、43億ドルに達しています。このうちの大部分は中国(19億7,000万ドル)とインド(16億5,000万ドル)が占めています。2016年の第1四半期の投資額は前年同期の4億4,500万ドルから27億ドルへと517%拡大し、この伸びのほとんどは中国でのフィンテック投資によるものでした。

・北米では、2015年のフィンテック投資が44%増加し、148億ドルに達しています。中でも米国は投資案件数で16%増の667件となり、引き続き最重要な市場としての地位を維持しています。

・また、フィンテック市場が成熟するにつれ、グローバルで大規模な案件が増加しています。5,000万ドルを超える投資案件は2013年の15件、2014年の52件から、2015年には94件に達しています。



調査手法
本調査は、グローバルでベンチャー企業の財務データ収集・分析業務を行う調査会社「CB Insights」が提供するフィンテック投資データに基づいてアクセンチュアが分析を加えたものです。調査対象には、ベンチャーキャピタルおよび未上場企業、株式会社および企業のベンチャーキャピタル部門、ヘッジファンド、アクセラレーター、政府系ファンド等における国際的な投資活動が含まれています。また対象となるデータは2010年から2016年第1四半期までのものです。さらに、本レポートでは、フィンテック企業を、銀行業務やコーポレートファイナンス、キャピタルマーケット、財務データ分析、決済や個人向けの財務管理等に関して様々なテクノロジーを提供する企業と定義しています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP