女子高生・女子大生を対象とした「恋愛に関する意識調査」 

2016年05月30日
フリューが運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS'TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2016年4月~5月に「恋愛に関する意識調査」を実施しました(サンプル数:689)。調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」の会員の女子高生・女子大生*です。調査結果を以下のとおり発表いたします。
*高専生、専門学校生、短大生を含む

【調査結果】

TREND(1) 彼氏との写真やプリ画を約50%がSNSに投稿、うち投稿肯定派の彼氏は72.4%

彼氏がいる(26.6%)もしくは以前いたことがある(48.3%)回答者に対し、彼氏との写真やプリントシール画像(プリ画)のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)への投稿について調査しました。結果は、写真もしくはプリ画いずれかを投稿する割合が、全体の 50.1%と半数を占めました。また、その投稿に対する彼氏の反応は「喜んでる!嬉しそう!」が29.4%、「肯定的で、別にOKだよという感じ」が43.0%となり、SNSで画像を投稿をされている彼氏のうち72.4%は前向きな反応を示していることが分かりました。
画像の投稿先種別は、第1位がTwitter(82.4%)で、第2位のLINE(48.0%)を大きく引き離しました。Twitterは定着傾向にある上、保有アカウント数は平均3.5個、約8割が公開/非公開での使い分けをしています(前回2016年4月調査結果より)。彼氏との写真やプリ画もアカウントの用途に応じて投稿されているものと思われ、またSNSの普及により自身の画像が多くの人の目に触れる機会が増えているため、投稿される側の彼氏も抵抗感が薄れてきているのかもしれません。

TREND(2) 87.0%が彼氏との「おそろコーデ」に興味あり

お揃いの服や小物を身に着ける「おそろコーデ」を彼氏とするかを調査しました。その結果「する」が21.9%、「したことはないがしたい」が65.1%を占め、「したことがないしこれからもしない」(13.0%)を抑えて全体の87.0%が彼氏とファッションを揃えることに興味を示していることが分かりました。昨今、女子高生や女子大生が楽しんでいる友達との「おそろコーデ」は、バブル期に人気を博した「ペアルック」のように、カップルでファッションに統一感を出す表現としても再び注目を集めているようです。

TREND(3) 友達と同じ人を好きになったとしても諦めない!"恋愛積極派"の割合は60.7%

好きな人や彼氏がいる時、友達とはどのように関わっているのでしょうか。友達と同じ人を好きになったときの行動内容を調査したところ、最も票を集めたのは「一緒に頑張る」(36.9%)となり、さらに続く「先手を打つ」(23.8%)と合わせて全体の60.7%が諦めずに突き進む、"恋愛積極派" だということが分かりました。一方で、彼氏がいる時の女友達との付き合い方については「彼氏も女友達も平等」が第1位(57.2%)となり、女子高生・女子大生は恋愛に対する積極性を持ちながらも友人関係を大切にする傾向にあるようです。


【調査概要】
調査期間:2016年4月27日(水) ~ 5月15日(日)
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高校生、女子大学生等
(高専生、専門学校生、短大生を含む)
有効回答数:689サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP