新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査 

2016年05月19日
東京工科大学は、2016年度の新入生1,695名を対象に、コミュニケーションツール等の利用状況に関するアンケート調査を実施いたしました(調査日:2016年4月5日・7日)。この調査は、2014年から実施しており、今回で3回目となります。

【調査結果サマリー】

1)「LINE」「Twitter」が拡大、「Instagram」は女子の半数以上が利用
ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)利用率では、「LINE」(98%)が4ポイント増えほぼ全員に普及。次いで「Twitter」(81%)も9ポイント増と人気を維持。また、「Instagram」(29%)は前年比で倍増するなど急拡大しており、特に女子は男子の約3倍となる半数以上(52%)に達しました。一方、全体で3番目に高かった「Google+」(37%)は、男子が女子を8ポイント上回りました。

2)連絡手段は98%が「LINE」利用、携帯メールは2年間で半減
友人との連絡手段では、「LINE」(98%)がさらに拡大しほぼ全員が利用。次いで「Twitterのメッセージ機能」(40%)は、女子の半数が利用しています。一方、「携帯電話のキャリアメール」(36%)は前年比12ポイント減となり、本調査を開始した2年前から半減しました。また、最もよく利用するツールでも「LINE」の比率が93%まで拡大しています。

3)世の中の動きを知る情報源は「テレビ」に次いで「Twitter」が56%
“世の中の動き”について情報を得ているメディアは、「テレビ」(86%)が最も多く、次いで「Twitter」(56%)が半数以上。連絡手段として主流の「LINE」(33%)に比べ、「Twitter」はニュースメディアとしての利用率が高いと考えられます。また、女子は「Twitter」(65%)や「LINE」(45%)などのSNSではいずれも男子を上回っています。このほか、「ニュースサイト」(34%)や「ニュースアプリ」(31%)といったインターネットメディアが、「新聞」(17%)や「雑誌」(11%)を上回りました。

4)女子の7割以上が「iPhone」を所有。タブレット端末は年々増加
携帯機器の所有率ではスマートフォンが100%近くに達し、中でも「iPhone」(64%)が5ポイント増え、女子では73%に達した一方、「iPhone以外」(37%)は横ばい。また、「タブレット端末」(18%)は2年連続で増加傾向にあります。一方、次世代の端末として注目される「スマートウォッチ」は0.2%にとどまりました。

5)理工系学部ではテレビやレコーダー所有率が減少
家にある電子機器では、理工系学部(※)の一人暮らしの学生で「テレビ」(72%)が4ポイント減、「DVD・ブルーレイレコーダー」(21%)が6ポイント減となりました。また、「プレイステーション」(26%)や「Wii」(8%)といったゲーム機器は横ばいとなっています。

※工学部、メディア学部、コンピュータサイエンス学部、応用生物学部


【調査概要】
調査日:2016年4月5日・4月7日
調査対象:2016年の東京工科大学新入生(八王子キャンパス、蒲田キャンパス)
サンプル数:1695名
調査方法:新入生ガイダンスにて調査票を配布・回収 ※入学者全員とは若干異なります

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP